「老後2,000万円不足問題」を受け、資産運用に興味を持ち出した方も多いのではないでしょうか?

低金利時代の今、資産運用の必要性が叫ばれています。

しかし資産運用といっても、何から手を付けていいのかわからないと思います。

そこでこの記事では、自分に合った投資方法を見つけるために、運用期間やリスク別、運用資金別にオススメの投資方法を紹介していきたいと思います。

これから資産運用を始めてみようと考えている方は是非チェックしてみてくださいね!

資産運用を行う前に目標を設定する

資産運用を始める上で、最初に決めておきたいのが目標です。

「とにかく増やせればいい」と思った方もいるかもしれませんが、目標の金額によって最適な資産運用の方法が変わってきます。

例えば、子供の教育資金や老後の資金など、資産運用でのゴールは人それぞれだと思います。

「とにかく増やす」という考え方では、リスクの高い方法を取ってしまいがち。

目標がはっきりしていれば、そこから最適な資産運用の方法が見えてくるのです。

たとえば、以下の4つが目標設定で最低限設定しておきたい項目になります。

目標設定の項目

・何のために資産運用するのか
・いくら増やしたいのか
・どのくらいの期間で達成したいのか
・そのためには年利何%必要なのか

最低限こちらの4つを確認しておくと、どんな資産運用が自分にとって最適なのかはっきりするでしょう。

資産運用の種類とそれに伴う目的

資産運用とは持っている資産(現金、不動産、株、債券など)を管理・運用して、資産を増やすことをいいます。

資産運用には非常に多くの種類のものがあり、実は気づいていないだけで、身近なところでも資産運用をしている人も少なくありません。

たとえば、資産を増やすという意味で定期預金や保険なども資産運用のひとつなのです。

定期預金や保険はローリスク・ローリターンの資産運用の種類の1つですが、ハイリスク・ハイリターンの資産運用の種類も存在します。

そのため投資対象の運用期間やリスク、運用資金別に資産運用を考える必要があるのです。

まずは運用期間に注目し、期間に応じた最適な運用方法を紹介していきます!

預貯金などの短期による資産の運用

短期運用とは1~2年以内の期間を指し、緊急用の予備資金を整える資産運用です。

怪我、病気、冠婚葬祭などの急を要するときにすぐに引き出せることがポイントになります。

このような場合は、銀行の普通預金などの換金性が高い金融商品で運用するといいでしょう。

また緊急用の予備資金だけでなく、短期だからこそリスクをとって運用する考え方もできます。

豊富な種類のある資産運用の中から、短期での資産運用として

・預貯金 ・株式投資

・外貨MMF ・FX

・仮想通貨 ・先物取引

などが挙げられます。

短期の資産運用の中で私がおすすめするのは、「FX」と「株式投資」の2つです。

FX

まず、FXというのは「Foreign Exchange」の略で、為替相場を利用した外貨トレードのことをいいます。

そんなFXをおすすめする理由としては、以下の2点が挙げられます。

FXのポイント

・大きなリターンが見込める
・少ない資金で始められる

なぜ上記の2点が実現できるのかと言いますと、FXはレバレッジという仕組みを利用することができるからです。

レバレッジというのは「てこ」の意味を持っており、自分の資金を最大で25倍にまで大きくしてトレードすることができます。

例えば1万円の資金にレバレッジ25倍を書ける場合、1万円×25倍=25万円分のトレードができるのです。

FXの最大の魅力でもあるこのレバレッジがあることによって、少ない資金でも大きなリターンが見込めるのです。

株式投資

次に紹介するのは株式投資です。

株式投資では株価が安い時に購入し、値上がりした時に売却してその差額によって資産を増やすという資産運用になります。

また、他にも会社が利益を上げたときに株主にその利益を分配する「配当金」や、株主に自社製品や優待券を提供する「株主優待制度」を受けられます。

おすすめする理由としては、以下の3つがあります。

株式投資のポイント

・配当金で不労所得を得られる
・短期的に利益を得ることが可能
・株主優待が受けられる

株式投資では、株価の変動による利益以外の「配当金」や「株主優待制度」が魅力的です。

仕組みが非常に簡単なので初心者でもすぐに始められますが、企業が倒産した場合はただの紙切れとなってしまいます。

数ある銘柄の中からしっかり見極める必要がありますね。

ヘッジファンドなどの中期による運用

中期運用とは、2~10年以内の運用期間を指し、目的がはっきりとしたモノに使うための貯金をするための資産運用です。

車を買いたい・家を買いたい・子供の教育費を貯めたい等というケースにあたります。

使い道が決まっている資産なので、リスクにはさらせません。

そのため安定的な金融商品を組み合わせて投資するのがポイントになるでしょう。

今すぐ必要な資金ではないので、リスクを小さくして流動性のある資産がおすすめです。

たくさんの種類の金融商品の中で元本を割る可能性が少ない金融商品が主な対象となります。

中期による資産運用として

・J-REIT(不動産投資信託)
・ヘッジファンド
・ソーシャルレンディング
・不動産クラウドファンディング

が挙げられます。

これらの中で特におすすめなのが、「J-REIT(不動産投資信託)」と「ヘッジファンド」の2つです。

J-REIT

まず、J-REITとは日本で行われているREITのことを言います。

REITとは、不動産運用のプロが投資家からお金を集め、複数の不動産に投資する資産運用です。

イメージしやすいのは不動産専門の投資信託といったところでしょうか。

おすすめの理由としては、

J-REITのポイント

・不動産の知識がなくてもプロにお任せなので大丈夫
・少額の投資金額で可能
・売買がいつでも可能

ということです。

少額投資が可能な上にプロが行ってくれるので、初心者にとって特におすすめな資産運用の1つです。

J-REITは商品特性である賃貸収益の安定性があることから、できるだけ保有期間は長いほうが資産運用に適しています。

ただ、日本の土地価格は2021年のオリンピック以降景気が悪くなっていくという可能性があります。

J-REITの将来は不透明要素が多いため、私は安全策としてここ2、3年という中期における資産運用の種類の1つとしておすすめします。

ヘッジファンド

次にヘッジファンドについて説明します。

ヘッジファンドというのは、自分の資金をプロに運用してもらうものです。

平均リターンが20%前後という驚異的な利益率を誇るヘッジファンドは、アメリカで非常に人気のある金融商品。

特にその中でもおすすめの理由として、

ヘッジファンドのポイント

・リターンが圧倒的高い
・プロが運用してくれるので初心者でも始めやすい

ということです。

ちなみに当サイトにヘッジファンドの基本やおすすめの国内ファンドを紹介した記事もありますので見てみてください。

ヘッジファンドとは何なのか?投資初心者向けに徹底解説!

ヘッジファンドとは? おすすめファンドランキング

投資信託などの長期による資産の運用

最後に、長期運用とは10年以上先の運用期間を指し、退職後の老後生活資金を中心に収入が少なくなった時のための備えをするための資産運用です。

長期投資を見越して、安定的に資産形成が可能な金融商品を組み合わせて投資するのがポイントになります。

たとえば株式投資、投資信託など、短期運用や中期運用に比べてリスクをとり、運用していくことが望ましいです。

長期における資産運用では、多くの種類の金融商品の中でインフレ率に対抗できる利回りのある種類の金融商品を扱う必要があります。

長期における資産運用として

・投資信託
・保険
・つみたてNISA
・iDeCo
・外貨預金
・オフショアの金融商品
・ETF
・不動産資産
・金

などが挙げられます。

この中から初心者の方が知っておきたい運用方法は、「投資信託」や「つみたてNISA」、「iDeCo」などいくつかありますが、これらに共通しておすすめできる理由としては、

長期運用方法の共通点

・運用のプロにお任せなので手軽
・100円から投資が可能
・個人では投資しにくい海外の金融商品も投資可能

ということです。

つみたてNISAやiDeCoで投資信託を購入するのもいいですし、別口座で投資信託を購入するのもよいでしょう。

どれもプロに任せるだけなので手軽な上、少額投資が可能なので初心者にもおすすめの資産運用の種類です。

しかも投資信託における最大のメリットとして、長期間の保有による複利効果があります。

ただし、元本保証がないことやプロだからといって必ず成功する保証はないことは考慮しなければいけませんね。

つみたてNISAとは?メリット・デメリットやおすすめ商品を大公開

リスク別に資産運用を考える

ここまでは運用期間別に資産運用を考えてみましたが、ここからはリスク別に整理していきます。

リスクを取りたくない」や「積極的にリスクを取りたい」など、リスクの観点から資産運用を考えていきたい人は要必見です。

ローリスク・ローリターン型

ローリスク・ローリターン型は、元本が完全に保証されている商品のことを指します。

具体的には個人向けの国債や、企業が発行する社債などですね。

これらは「債券」といわれ、投資というよりも、「融資」の要素が強いです。

投資家側からすると、融資はお金を貸し付けているわけですので、期限までに利息をつけて返済してもらえます。

特に国債であれば、国にお金を貸し付けていますので、企業などに比べて信用度は高くなります。

ただし利率はほとんどないため、預貯金にあずけるよりはマシといった視点で預けるのがいいでしょう。

商品名 利率(年) メリト デメット
預貯金 0.001
~0.01%
・1000万円まで保護・流動性が高く、入出金が簡単 ・利息はあまり期待できない
個人向
け国債
0.05%~ ・国による元本保証・最低金利保証 ・据え置き期間あり・途中換金すると金利がゼロに近くなる
地方債 0.56
~1.32%
・倒産リスクがない・元利償還金の一部を国が保証 ・途中換金による元金割れリスク
社債 1.0
~1.8%
・倒産も一部返還あり・転換社債は株式に転換可能 ・倒産リスク・市場が小さいので中途換金が困難

ミドルリスク・ミドルリターン型

ミドルリスク・ミドルリターンは、リスクもリターンも中程度くらいの金融商品を指します。

具体的にはJ-REITや、金投資などの現物資産での運用を行う金融商品です。

商品によっては、元本確保型、元本保全型といった元本保証に似たような商品もあります。

商品名 利率
(%)
メリット デメリット
J-REIT 5% 比較的利回り安定・少額でも不動産投資が可能 賃料下落や空室リスク
金投資 金そのものに価値があり、インフレに強い 価格変動、為替、盗難リスク

ハイリスク・ハイリターン型

ハイリスク・ハイリターン型は、ギャンブル性が高く、最悪の場合元本を大幅に割る可能性もある金融商品です。

商品名 メリット デメリット
FX ・少額でも大きな取引が可能・外貨預金より手数料が安い ・レバレッジをかけると失敗時の損失が大きくなる・損失が多いと強制ロスカット
先物取引 ・証拠金の10倍の取引が可能 ・損失額が大きくなりがち・証拠金を大きく超える損失があった際、取引停止になる
信用取引 ・信用売りができる・担保(保証金・有価証券)の3倍程度の取引ができる ・6ヶ月期限で決済が基本・レバレッジ効果で損失時の額が大きく追証発生する場合も

なお先述させて頂いた投資信託ですが、種類が非常に多く、リスク・リターンは大きく異なるため、ここでは記載しませんでした。

以上から、初めて資産運用を始められるのであれば、まずは「ローリスク・ローリターン型」から始め、資金に余裕が出てくれば「ミドルリスク・ミドルリターン型」の投資を開始する流れがいいでしょう。

運用資金別で資産運用を考える

それでは最後に運用資金別で資産運用を考えてみましょう。

改めて各投資商品別のリスク・リターンについて簡単な一覧表があるので、以下をご覧ください。

投資対象 年利 リスク リターン
定期預金 0.001%〜0.200%
個人向け国債 0.05%
外貨預金(米ドル) 0.01%〜0.10%
個人年金保険 0.25%〜1.00%
株式投資(配当) 0%〜7%
投資信託 1%〜4%
J-REIT(分配金) 0.3%〜7.0%
FX 10%
ヘッジファンド 20%

運用資金別に資産運用を考える上で大切なことは、各金融商品のリスク・リターンを考慮することです。

一般的には運用資金が多いほど、リスクを取った運用ができます。

ところが運用資金が限られている場合は、リスクを抑えて安定的な運用を目指す方がいいでしょう。

ここでは運用資金500万円、1,000万円、2,000万円でそれぞれ最適な運用方法を見ていきます。

500万円のオススメ運用方法

個人向け国債

個人向け国債VSヘッジファンド

500万円の資産運用先として人気がある個人向け国債は、国が発行する債券ですので信頼性は抜群。

こちらも定期預金と似ており、原資が減ることを許容できない方が選ぶ金融商品です。

利回りは一般的に1%は切りますので、資産運用をローリスクローリターンで狙いたい方向けです。

投資信託

投資信託VSヘッジファンド

資産運用の代名詞ともいえる投資信託

500万円どころか一口100円からも購入ができ、商品ラインナップは非常に豊富です。

投資信託は通常、銀行や証券会社が販売代理店となって販売し、集まった資金を銀行系列の資産運用会社が運用します。

人気のある投資信託の場合、運用額は数千億にのぼります。しかし金融庁の厳しい監督の下、制約も多いため凝った運用はできません。

例えば、

①集まった資金は間髪入れず自動的に投資を開始
②信用売りはなく、買い(ロング)一辺倒
③最初から運用ルールは決められておりファンドマネージャーの裁量はナシ

といった具合です。

特筆すべきは特に②の「買い」からしかマーケットには入れないという点です。ほとんどの投資信託は買いでしか入れません。

もともとのベンチマークが「インデックスを上回る」なので、マーケット全体が上昇する場合はファンドの目標もそれよりは上を狙うように出来ており、下降局面ではマーケット全体より下がらないことが目標です。

1,000万円のオススメ運用方法

上手く資産運用をしていく2つのポイント

資産が1,000万円以上ある場合は、自己運用かプロに任せて運用するかを検討していくといいでしょう。

自己運用というのは株やFXを自分で運用することで、プロに任せて運用というものは、投資信託やヘッジファンドのような、プロに任せる運用のこと言います。

では早速メリット・デメリットを見ていきます。

個人運用 プロに任せて運用
メリット 少額投資可能
コストが安い
相場チェックの必要性無
リスクコントロール可能
大きなリターン
デメリット 相場チェックの必要
リスクコントロールが難しい
手数料、報酬が発生する

個人運用のメリットは、少額投資ができることです。

最近は株式投資の敷居も低くなってきており、10万円でも投資ができる環境が整っています。

しかし自分で相場の分析をする必要があるなど、専門的な知識も必要です。

一方で、プロに任せる運用は投資のリスクコントロールができ、大きなリターンが期待できます。

デメリットになる運用コストの面でも、それ以上にリターンが期待できる可能性もあります。

また1,000万円以上の資金であれば、運用で殖やすことはもちろんですが、同時に「守る」ことも考える必要があるため、プロに任せて運用した方がいいでしょう。

ではプロに任せて運用とは、具体的にどのような方法があるのでしょうか?

実はプロに任せる運用の一つは、先ほど説明させて頂いた「投資信託」です。

しかし投資信託はプロに運用を任せられることはいいのですが、大きなリターンを望むことは難しいです。

また投資信託は現在日本に6,000種類もあるため、まずはこの中から自分に合った投資信託を選ぶ必要があります。

投資初心者にとっては、ハードルが高い作業となるでしょう。

そこでご紹介したい運用方法が「ヘッジファンド」です。

ヘッジファンドとは?手軽に任せて高配当

ヘッジファンドのほとんどは、ごく限られた機関投資家や、富裕層のみを募集対象としています。

また、ヘッジファンドの最低投資単価は1000万円からや、1億円からと高額のものが通常。

さらに運用には様々な手数料が発生します。

ではヘッジファンドの特徴をまとめてみます。

・投資対象の限定
・高額な投資額
・固定手数料2%、成功報酬20%

では1,000万円の運用は、なぜヘッジファンドが投資信託よりも優れているのでしょうか?

投資信託よりも優れている点

♦自由な取引
投資信託が公募なのに対して、ヘッジファンドは私募なので細かい規制がないという利点があります。

そのため、ヘッジファンドは取引の収益という目的として、自由に取引ができるのです。

自由に取引することができることで、投資信託よりも利益を上げるチャンスが多くなります。

♦収益目標の違い
投資信託の利益は「相対利益型」なので、市場によって左右されます。

しかし、ヘッジファンドは「絶対利益型」なので、どんな状況でも利益を最優先に求めます。

簡単に言うと、ヘッジファンドの利益は市場によって左右されないということです。

それに対し、投資信託は相場が下降している時には、利益が出ません。

そしてヘッジファンドは、常に利益を優先するので、1,000万円という資産を増やしたい目的に合致します。

♦利回りの大きさ
投資信託の利回りが年5%と紹介しましたが、対するヘッジファンドの利回りは年20%~が一般的です。

仮に、1,000万円の資産でヘッジファンドに投資をしていたとします。

その場合、1年後には1,200万円以上(1,000万円×1.2=1,200万円)になっている可能性が高いのです。

驚異的な利回りの良さですね。

では、そのヘッジファンドから資金を引き上げる時はいつがいいのか、解説していきます。

資金の引き上げ時は?

一体いつまでヘッジファンドに投資し続ければいいのか? 止め時が分からない方も多いのではないでしょうか。

実はヘッジファンドへの投資をやめる絶妙なタイミングが2つあります。

・ヘッジファンドの減益が続いた時
・目標の資金額に到達した時

では、具体的にどうしてこの2つのタイミングがいいのか、見ていきましょう。

♦ヘッジファンドの減益が続いた時
1,000万円で運用していて、直近の運用益が減益となったとします。

その場合、ヘッジファンドはその減益分を取り返すため、強引に資産運用する傾向にあります。

当然、強引に資産運用すればリスクを取るため、場合によっては大きな損失を受ける可能性があるでしょう。

損失が膨らみ、さらに取り返すためにまたリスクをとり…、と負のサイクルに陥ると、取り返しがつかないことになります。

ただし一度や二度の減益はよくあるもので、たとば減益が半年続くなど、これまでにない傾向があれば要注意です。

♦目標の金額に達した時
最初に1000万円の資金を投資するときに、自分で決めた目標金額があるでしょう。

その目標金額に達した場合は、良い区切りができ適切なタイミングだといえます。

例えば、目標金額に達してもまだ続けたとしましょう。

その場合、心のどこかに「目標金額に達したから……」という余裕ができることがあります。

その余裕が慢心となり、資産運用を失敗させる原因になるのです。

自分の資産を大切に扱うためにも、ヘッジファンドへの投資はよく考えて行いましょう。

>>ヘッジファンドの購入方法や気になるリスクを徹底解説

2,000万円のオススメ運用方法

2,000万円の資産運用でも自分で運用するか、プロに任せるか迷う方も多いでしょう。

結論から言ってしまうと、プロに任せる方が断然おすすめ。

株式やFXで失敗をして、破産してしまったというのは、珍しいことではありません。それほど投資には、知識や経験が必要になります。

投資信託などで資産運用をしているプロの投資家たちは、知識や経験は素人とは比べものにならないほどあります。

さらに、プロの投資家は資産運用が仕事なので、投資にしっかりと時間をかけて取り組んでいます。

また、2,000万円は個人にとって少ない金額ではありませんね。

つまり、自分で管理するとなると日々の相場の上下で精神的に消耗することもあります

つまり、知識や経験、時間など全てにおいてプロが圧倒的に上回っています。

ただし、プロに任せるデメリットとして、手数料が高いということが挙げられます。

契約前にきちんと手数料を確認しておくのが大切です。もちろん、その分しっかりと運用益を出していれば問題ありません。

ここでもオススメはヘッジファンドです。

2,000万円のオススメ投資方法はヘッジファンド

おすすめ投資方法はヘッジファンド

2,000万円をプロに任せて資産運用するときに、投資信託などいくつか選択肢がありますが、その中でもオススメなのがヘッジファンドです。

ヘッジファンドは、投資信託と同じように複数の金融商品を組み合わせて投資をします。

投資信託との大きな違いは、先述させて頂いたとおり、上昇相場だけではなく下落相場でも積極的に利益を狙っていくこと

上昇相場だけではなく下落相場でも積極的に利益を狙っていくこと

下落相場で投資信託では利益が出せない場面でも、ヘッジファンドならしっかり利益を追求してくれます。

どんな相場でも利益を追求するため、平均利回りは年利20%~と非常に高いです。

もう一つヘッジファンドの特徴として、出資者を広く募る公募ではなく、少人数に限った私募で募ります。

ヘッジファンドの特徴として、出資者を広く募る公募ではなく、少人数に限った私募

最低投資額は、ヘッジファンドは1口1,000万円を超えるのが一般的です。

メリットが非常に多いヘッジファンドですが、最低投資額が高く、基本的には富裕層の投資方法になります。そのため、投資信託と比べると、利用する人は多くありません。

2,000万円を資産運用すると考えると、最低投資額の壁は超えられますね。

ロボアドバイザーもオススメ

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは、AIを使って最適な資産運用をアドバイスしてくれるサービスのことです。

利用前に「年収」「家族構成」「どの程度リスクを取るか」など、いくつかの質問に答えるだけで、資産運用のプランを提示してくれます。

プランの提示などのアドバイスだけではなく、資産運用も全て自動でしてくれるサービスもあります。

AIが機械的に資産運用もしてくれるので、感情に流されて失敗することがありません。もちろん、AIといっても管理しているのは投資のプロなので、安心して任せられます。

最低投資額も1万円程度から始められるため、投資の知識や経験がない初心者に人気のサービスです。資産運用に手間をかけたくない方におすすめの方法です。

2,000万円を運用していくポートフォリオの例

2000万円を運用していくポートフォリオの例

ここからは、2,000万円を資産運用する際のポートフォリオの例をご紹介していきます。

あくまで一例のため、何を目標とするかによって最終的に調整が必要になりますが、参考にしてください。

今回は、あまり手間をかけずにプロに任せるという方針で、ポートフォリオを組んでいます。最終的には5〜10%の利回りを狙います。

最も割合を多くしたいのは、ヘッジファンドです。

ヘッジファンドは、積極的に利益を追求していくため、市場全体が下落相場のときでもリターンを期待できます。

ヘッジファンドにもいくつか種類がありますが、リスクを取らずに安定して運用する安定運用型がおすすめです。

次に投資信託を組み入れます。投資信託は大きなリターンは期待できませんが、出来る限りリスクを抑えて、運用できます。利回りで比べるとヘッジファンドよりも低いですが、安定性が高いです。

値動きが小さく初心者向きでもある、株式投資信託やバランス型投資信託がおすすめです。

投資対象が選べない方は、投資信託に投資できるロボアドバイザーを利用するといいでしょう。

そして、最後は個人向け国債です。国債は国が発行しているため、安全性が非常に高くリスクも低いのが最大の特徴となっています。

大きな利回りは期待できませんが、しっかりと守りを固めるという意味でおすすめです。

2,000万円を以上のようなポートフォリオを組み、長期的に運用していきます。

最終的な目標は利回り5〜10%です。国債と投資信託で守りを固めつつ、ヘッジファンドでしっかりとリターンは取っていきます。

2,000万円を元本として10年間運用すれば、約3,500万円~約6,000万円程の運用益を期待できます。

まとめ

資産運用の第一歩は、目標を決めることです。

目標が決まっていないと、投資対象を選ぶことはもちろん、ポートフォリオを組むこともできません。

また「自分で運用する」か「プロに運用を任せる」かも重要な選択です。

確かに自分で運用できれば、手数料もかからず利益を丸々受け取ることができます。

しかし投資は常に不確実性の連続で、場合によっては大きな損失を被ることもあります。

特に運用資金が大きくなってくれば、自分の力だけではなく、プロに頼って資産を殖やしながら守る、ということも考えていきましょう。

今回はヘッジファンドについて触れる機会が多くありました。

まだヘッジファンドについて詳しく知らない方、運用を考えている方は、ぜひ下記の記事を参考にしてみてください。

>>最新のヘッジファンドを利回りや運用額を勝手にランキング【2020年最新版】

ファンドランキング
BMキャピタル
EXIA
ヘッジファンド証券