最新ニュース記事の一覧

最新ニュース記事の一覧です。

国際通貨基金(IMF)が「世界金融安定報告」を発表

国際通貨基金(IMF)は、4月中旬に公表した「世界金融安定報告」について、 「仮想通貨は世界金融の安定に危機をもたさない」 との見解を示した。 また「世界金融安定報告」によると、仮想通貨の技術は金融市場の大幅な効率化を実現すると報告しているが、その反面、適切な安全予防措置なしに広範に利用されることとなれば、金融システム […] 続きを読む

あのロックフェラーが仮想通貨業界に!?投資ファンドと提携へ

アメリカを代表する実業家一族ロックフェラー家が、ついに仮想通貨業界に参入し始める。 先日、世界を代表する実業家一族であるRockefeller家が運営するベンチャーキャピタルであるVenrock(ベンロック)が、仮想通貨投資グループのCoinFund(コインファンド)との提携を発表した。 コインファンドといえば、近年様 […] 続きを読む

ヘッジファンドマネージャーは仮想通貨のボラティリティを好感

価格の変動が激しい仮想通貨を好むヘッジファンド ヘッジファンドの仮想通貨投資は勢いを増しており、この数か月で仮想通貨に投資するヘッジファンドの数は2倍以上増えている。 フィンテック分析企業「Autonomous NEXT」が伝えたところによると、現在仮想通貨ヘッジファンドの運用資産は35億ドル~50億ドルほどとのことだ […] 続きを読む

仮想通貨ヘッジファンド、リターンは脅威の1167%

2017年から日本国内でも普及し始めている仮想通貨。 2018年に入った今でも価格の乱高下は続き、世界的なファンドマネージャーであるレイ・ダリオ氏や投資家ウォーレン・バフェット氏は 「今の仮想通貨は単なるバブルでしかない。」 と口をそろえて発言している。 しかし一方で仮想通貨の動向をいち早く分析し、自社のポートフォリオ […] 続きを読む

コインチェックの一件をうけて、ヘッジファンドがNEMの相場に注目

1月26日に起こったコインチェックの仮想通貨流出事件。 これは26日の未明、約580億円相当のNEM(ネム)という仮想通貨がハッキングを受けて流出したというもの。 セキュリティシステムの脆弱性やエンジニア不足という理由でハッキングを許したコインチェックは、盗まれた580憶円相当のNEMを顧客へすべて返還していくと発表し […] 続きを読む

ヘッジファンドの8割がビットコイン先物を投資対象から除外

ヘッジファンドの大半がビットコイン先物に懐疑的? バークレイヘッジが1月に行った調査によると、商品先物を取り扱うヘッジファンド(CTAと呼ばれる)の約80%は、 「今後6か月以内にビットコイン先物への投資を行うことを考えていない」 という。 この大多数ともいえるヘッジファンドがビットコイン先物に懐疑的な理由としては、以 […] 続きを読む

ヘッジファンドがTポイントから上場企業の売り上げを予想!?

ヘッジファンドがTポイントから企業の売上を予想!? 日本の経済調査会社「ナウキャスト」は、買い物の際に使用するTポイントカードの購買データを利用した上場企業の売上高予想を海外のヘッジファンドなどに提供する。 既にスーパーなどのデータによる売り上げ予想をナウキャストは行っていたが、このたび日本人の半分が利用しているTポイ […] 続きを読む

ヘッジファンドの成績を表す指数を振り返り【2017年最新版】

最新のヘッジファンド指数を一挙に振り返り! 2017年のヘッジファンド指数の結果が発表された。HFR(Hedge Fund Research)が発表している、代表的な指数「HFR指数」によると、2017年はプラス8.5%のリターンを記録した。 そして個別の戦略に基づく指数によると、まずイベントドリブン型指数はプラス7. […] 続きを読む

ヘッジファンドの大物運用者らが相次いで退場?業界に世代交代の波

2014年に、ヘッジファンドへ投資していた機関投資家たちが相次いで「ヘッジファンド離れ」を起こし、一時ヘッジファンドは閉鎖的になっていた。 しかしその後、確かな実績と名声を持つファンドマネージャーが在籍、かつ運用資産規模の大きいヘッジファンドは良いリターンを記録し続けている。 ただ、2016年から大物マネージャーによる […] 続きを読む

ブリッジウォーターの幹部が飛行機墜落事故で死亡

ビットコインバブルやAIによる資産運用といった出来事とともに、ヘッジファンド界も大きく変わる年となった2017年。 2018年が始まり、より一層ヘッジファンド業界が盛り上がりを見せるかと思った矢先、Bloombergをはじめとするアメリカの報道機関が悲しいニュースを配信した。 それは、世界的に有名なファンドマネージャー […] 続きを読む