ヘッジファンドバンキングの評判と特徴

資産運用や投資の相談って誰にすればよいか迷いますよね。身近な友人や知人に投資に取り組んでいる成功している人がいるならアドバイスをもらえますが、得てしてそういった人は見つからないもの。

そんなあなたにおすすめしたいのがこれから紹介するヘッジファンドバンキングという会社の利用です。

ヘッジファンドバンキングは個人投資家の投資に相談に乗ったり、最適な投資商品を紹介している投資顧問会社です。

投資顧問業者と聞くと怪しいと思うかも知れませんが、ヘッジファンドバンキングは関東財務局の公認を得ている信頼のおける会社です。金融庁から営業許可を取っているのでいわゆる高額な投資顧問料を請求するような悪徳な会社ではありません。

そんな信頼性の高さに定評があるヘッジファンドバンキングはどんな会社であり、どういったサービスを提供しているのか?これらの点についてこれから紹介する順番で見ていこうと思います。

ヘッジファンドバンキングはどんな会社なのか?

先ほども触れましたがヘッジファンドバンキングは個人投資家に対する投資助言や投資情報を提供している投資顧問会社です。

本社は東京都の品川区にあるので、東京近郊に住んでいる個人投資家がヘッジファンドバンキングの主な顧客となっております。簡単にヘッジファンドバンキングがどんな会社なのかについて見てきたので、次は具体的なサービス内容に移ります。

この株式会社の提供サービス

ヘッジファンドバンキングが現在提供しているサービスは大きく分けるとこのようになっております。

  • 銘柄の推奨サービス
  • 投資助言の配信サービス
  • 資産運用の教育サービス

ここで取り上げたヘッジファンドバンキングの3種類のサービスの詳細と利用料金については上から順に1つずつ見ていきます。

銘柄推奨サービス

最初に紹介するヘッジファンドバンキングのサービスは割安銘柄の推奨サービスです。

このサービスの特徴は株式投資の目標をヘッジファンドバンキングのアナリストと相談して決め、その目標が達成できる銘柄や投資手法を教えてもらえるサービスです。

この銘柄推奨サービスの凄いところはヘッジファンドバンキングのアナリストの言うとおりに投資をすれば、7割方勝ててしまうことです。しかもヘッジファンドバンキングの銘柄推奨サービスは料金プランの面でもユニークな特徴があります。

事実上の成果報酬の導入

この見出しにあるようにヘッジファンドバンキングの銘柄推奨サービスは事実上の成果報酬制が導入されています。

どういうことかというとヘッジファンドバンキングが料金を求めるのは合意した目標に達成した時だけだからです。仮に合意した目標に全く届かなかった場合は原則料金の支払いは求められません。

事実上の成果報酬を導入しているだけあって推奨する銘柄は値上がりが期待できるものばかり。そこでもしあなたが株式投資で勝ちたいのでしたら成果にコミットしてくれるヘッジファンドバンキングの銘柄推奨サービスを積極的に利用したいですね。

投資助言の配信サービス

次に紹介するヘッジファンドバンキングのサービスは投資情報をメールマガジンやLineを通して配信する投資助言配信サービスです。実はこの投資助言配信サービスはヘッジファンドバンキングの中核事業なので少し詳しくご紹介します。

そのためにも2017年の10月時点でヘッジファンドバンキングが提供している投資助言配信サービスの名前と月額料金を一覧にしてみました。

サービス名 月額料金
hinnaの株プレミアム 18,000円
株ドカン 29,800円
日経ドカン 29,800円

ここで取り上げたヘッジファンドバンキングの3種類の投資助言サービスの概要については上から順に見ていきます。

hinnaの株プレミアム

最初に紹介する「hinnaの株プレミアム」というのは個人投資家からの人気が絶大のカリスマ株式ブロガーの「hina」氏が割安銘柄や注目銘柄を送るサービスです。

この「hina」氏は株式投資関係の世界ではかなり有名で予測した銘柄が軒並み値上がりしていると話題になっています。メルマガに登録をすると注目銘柄や「hina」氏の株価分析手法を思う存分吸収することができます。

参考までにこのメルマガで公開された銘柄が公開後にどのように値上がりしたかの一例を紹介します。

会社名 ブログ紹介後の成績
オンコリスバイオファーマー 169.5%上昇
日本ラッド 92.8%上昇
グリーンペプタイド 374.2%上昇

月額料金は18,000円となっておりますが、過去の実績を見る限り良心的な価格帯となっております。ちなみにこの「hinnaの株プレミアム」はヘッジファンドバンキングの定額制サービスの中で最も月額料金が安いサービスなのでその点も注目に値します。

株ドカン

次に紹介するのは「株ドカン」というヘッジファンドバンキングの主要サービスです。

この「株ドカン」というのはメルリリンチ証券という外資系の証券会社でNo,1セールストレーダーだった平田和生氏が株式銘柄の選び方やおすすめの銘柄を紹介するメールマガジンサービスです。

ヘッジファンドバンキングの「株ドカン」の持ち味はメルマガの情報通りの投資行為をすれば高確率で利益が出てしまうことです。

この話を聞くと怪しいと思うかも知れませんが、メルマガの内容通りに投資をすれば利益が出るのは紛れもない事実。現にメルマガで配信される銘柄を素直に発注した複数のメルマガ読者は安定的に月90万円程度の利益を出しております。

どうしてこのような結果が出るかというとメルマガを書いている平田和生氏が金融の世界を知り尽くしたプロだからです。外資系の証券会社のトップセールスであり、自身も投資家として結果を出しているとなると実績に関しては非の打ちどころがないですよね。

そんな平田氏の経験に裏付けされた分析で発掘された株式は完全な掘り出し物なので、持っているだけで値上がりが発生してしまうのです。

その上ヘッジファンドバンキングが提供する「株ドカン」には電話サポートサービスもあります。このサポートサービスの特徴はメルマガを購読すれば解約するまで回数無制限で株式投資に関する電話相談をすることができるのです。

利用料金は月額29,800円となっていますが、永久的なサポートと確実性の高い投資情報をもらえることを考えると割安です。無料利用期間もある上に、クーリンクオフ制度もあるので合わなければ気軽に解約もできます。

日経ドカン

3つ目の「日経ドカン」というのは日経225オプションと日本株の中で値上がりが見込まれる銘柄情報が毎月配信されるメールマガジンです。

実はこの「日経ドカン」は先ほど紹介した「株ドカン」と同様にヘッジファンドバンキングの目玉商品です。そんなヘッジファンドバンキングの目玉商品の1つである「日経ドカン」の持ち味は予測の的中率の高さです。

この的中率の高さをご理解いただくために「日経ドカン」の過去の実績を一覧にしてみました。

  • 月利62.55%を実現
  • 月収92万円を実現した投資家がいる
  • 推奨後に値上がりした株式が多数
  • 18ヶ月連続で無敗を実現
  • 平均利回りは130%オーバー

この実績を見ると「日経ドカン」の投資アドバイスの質の高さは目を見張りますよね。

そもそもどうしてヘッジファンドバンキングの「日経ドカン」の予測が当たるのでしょうか?実はこの理由は熟練の投資家がAI(人口知能)を活用したデータをもとに確実性の高い銘柄をリストアップして配信するからです。

人工知能の正確なデータ分析力と熟練の投資家の目利きのハイブリットなんて最強ですよね。情報の質の高さに定評があるヘッジファンドバンキングの「日経ドカン」は月額29,800円の料金で利用ができます。

決して安価な価格帯ではありませんが、確実性の高い投資情報が手に入るので十分に元は取れると思います。それに最初の14日間はトライアル期間として無料でメルマガサービスを利用できるので、合わなければやめることもできます。

資産運用の教育サービス

次に取り上げるヘッジファンドバンキングのサービスは教育事業です。

実はヘッジファンドバンキングは情報提供に加えて個人投資家のリテラシー向上のために3種類の教育講座を提供しています。現在ヘッジファンドバンキングが提供している3種類の基本講座というのはこちらの通りです。

  • 投資の基本講座(無料)
  • FX関連の教育講座
  • 株式関連の教育講座

ここで取り上げた3種類のヘッジファンドバンキングの教育サービスの詳細についてはこれから1つずつ見ていきます。

投資の基本講座

最初に紹介するヘッジファンドバンキングの教育サービスは「世界一分かりやすい投資の学校」という投資の基本講座です。この講座は無料であり、最後まで講座の内容に目を通すとこういった内容を学べます。

  • 現在の年金事情
  • 労働市場の変容
  • 成熟社会で生き抜くコツ
  • 資産運用との上手なかかわり方
  • 株式投資とFXの基本

無料であることに加えて、内容がしっかり詰まっているので資産運用や投資に興味があるのでしたら目を通しておくことをおすすめします。

FX関連の教育講座

次に取り上げるのは「世界一わかりやすいFXの学校」というFX関連の教育講座です。

この教育講座は「FXとは何か?」といったFXの基本から専門的な資金管理技術までをカリキュラムに沿って学べる講座です。気になるカリキュラムはこれから紹介する7部構成となっております。

  • 口座開設をはじめとした準備
  • FXの基本的なルールや原則の説明
  • 具体的な目標と計画の立て方
  • トレードツールの使い方講座
  • 実トレードにおける注意点
  • テクニカル分析や経済指標の読み方
  • 取引結果の分析と改善方法

いずれのカリキュラムも講師は運用会社で働いていた資産運用のプロが担当します。教え方の丁寧さとテキストの見やすさには定評があるので、分かりやすさに期待が持てます。

気になる料金に関しては3ヶ月プランで49,800円になっています。7日間の無料期間もあるので、FXの勉強に短期集中で取り組みたいのでしたら利用を検討するとよいでしょう。

株式関連の教育講座

次に取り上げるヘッジファンドバンキングの教育講座は「世界一わかりやすい株の学校」という株式投資関係の教育講座です。

この講座は講座名の通り、株式投資の基本中の基本から各種の銘柄分析手法を学ぶことができます。具体的なカリキュラムに関してはこれから紹介する9つのステップで構成されております。

  • 株式投資の基本知識の取得
  • 目標・計画の立て方の講座
  • 取引プランの紹介
  • 取引の実行方法の紹介
  • 各種の分析方法の紹介
  • 分析のポイントの解説
  • 実践的な演習形式の講座
  • 市場や相場観の特集
  • 全体のまとめ

上から順番に講義を受ければ株式投資の初心者であっても株式投資で結果を出すために必要な知識が全て手に入ります。

気になる料金に関しては先ほど取り上げたFX講座と同様に目安期間が3ヶ月で49,800円。こちらも無料返金機関が7日間付いているので、講座内容に不満を覚えれば料金の支払いをせずに解約もできます。

他の投資顧問会社にはない魅力

ここまでヘッジファンドバンキングがどういったサービスを提供している投資顧問会社であるのか見てきました。なんとなくヘッジファンドサービスの特徴が分かったのではないでしょうか?

そこでここでは他の投資顧問会社と比較した上で際立つヘッジファンドバンキングの3つの魅力をまとめてみました。

  • 金融庁の登録業者である
  • 講師がプロである
  • 良心的な価格である

ここで取り上げたヘッジファンドバンキングのそれぞれの詳細について上から順番に見ていきます。

金融庁の登録業者である

1つ目の金融庁の登録業者である点はヘッジファンドバンキングと他の投資顧問会社を分けるポイントになります。

実は日本国内の投資顧問会社の中には金融庁からの営業許可を受けずに営業活動を行っている会社も少なくありません。この点を考えると金融庁からの営業許可を受けたうえで投資顧問業を行っているのはそれだけで大きなポイントになります。

講師がプロである

投資顧問会社の中には素人に限りなく近い人が講師を担当しているケースが結構ありますが、ヘッジファンドバンキングには一切当てはまりません。

なぜならヘッジファンドバンキングは講師陣が全員きちんと自分が教鞭をとる分野で一流の実績を残しております。この点をご理解いただくためにヘッジファンドバンキングのサービスを担当する主な講師の経歴を簡単に紹介します。

人物名 経歴
平田和性 メリルリンチ証券勤務

日本投資顧問協会勤務

立山晃一 18か月無敗のトレーダー
山崎毅 運用会社でファンド運用を担当

ヘッジファンドバンキングの各教育サービスを担当する講師はその道を極めているので、ノウハウの良さに定評があります。

しかもヘッジファンドバンキングが提供するノウハウはそのまま使えば結果に繋がるものばかり。現に講師が言うとおりのことをやれば年利30%を超える高利回りを実現した人が続出したとヘッジファンドバンキングの公式サイトにはありました。

良心的な価格である

投資顧問会社には数か月のアドバイスで50万円を超えるような会社も少なくありません。

その点ヘッジファンドバンキングの場合は中核のサービスの単価は5万円以下のものが多いので、価格帯が良心的。しかも各サービスには無料期間やクーリングオフ制度があれば気に入らなければ解約も自由に行えます。

価格帯の面でも返金ルールの面でも一般的な投資顧問会社と比較すると格段に良心的。

投資に取り組む予算が限られている個人投資家でも十分準備ができる価格帯でサービスを提供しているのはうれしいですよね。良心的な価格帯でサービスを提供しているのは他の投資顧問会社にはないヘッジファンドバンキングの持ち味です。

会社としての口コミ評判

さてここまでヘッジファンドバンキングの会社概要やサービス内容について見てきました。どちらも一見すると優れているように関しますが、実際に利用者がどのように感じているのかは気になるところ。

そこでここではインターネット上で見られたヘッジファンドバンキングの口コミ評判を簡単にまとめてみました。

  • 講師が顔を出しているのが好感が持てる
  • 金融庁の営業許可を受けているので信頼できる
  • サポートが非常に優れている
  • 利益に繋がる情報をきちんとくれる
  • 無料情報でも意外と役立つものが多い
  • たまに外れることもあるけど打率は良い
  • ホームページが胡散臭い

ポジティブな面に向けると講師がきちんと顔と経歴を出していることに信頼がおけるという声が目立ちました。

正直管理人もこの点は激しく同意できます。

なぜならヘッジファンドバンキング以外の投資顧問会社の多くは講師が自身の経歴と顔をネット上で公開しないケースが多いからです。その点、ヘッジファンドバンキングは全ての講師が自身の経歴と顔を出しているので、透明性の高さが際立ちます。

それに情報の質やサポートの質についても好評がいくつもありました。特に投資顧問業の良し悪しを決める情報に関しては「必ず勝てる」というわけではないにせよ、打率が高いのでトータルで勝てるという声が複数ありました。

逆にネガティブな面に目を向けるとホームページがやや胡散臭いという声がいくつかありました。特に「ホームページで出している数字は本当なの?」といった実績に対する疑いがいくつかあったのは事実です。

正直情報の真偽は管理人は検証ができないので「おそらく事実だろう」としか言えないところがあります。ですが、情報の信憑性が担保されないと怖くてお金なんて払えないと思います。

そこでまずは無料のメールマガジンに登録をすることで情報の質の高さを見極めることをおすすめします。それでも判断が付かない場合は無料サービス期間を利用して本サービスを試しに受けてみるのが良いでしょう。

いずれにせよ、実績や情報の信憑性に対する疑いの声があるのは事実ですが、全体的にはポジティブな評価が目立ちました。それにヘッジファンドバンキングは他の投資顧問会社と比較すると格段に信頼がおけるので、個人的には利用してみる価値があると思います。

ヘッジファンドバンキングとの契約方法

最後にヘッジファンドバンキングのサービスの利用方法を紹介しようと思います。そこでヘッジファンドサービスと契約するための2つの手順をまとめてみました。

  • 公式サイト上でオンライン契約をする
  • 営業担当者と対面で契約をする

前者の公式サイト上でオンライン契約をするというのは、ヘッジファンドバンキングが提供している商品の紹介ページ経由で契約をすることです。

実はヘッジファンドバンキングの商品紹介ページには決済処理が可能な項目があります。そこに必要事項を記載すればオンライン経由で決済ができるヘッジファンドバンキングのサービスは全て契約ができます。

一部オンライン上で契約できないサービスもあり、そういったサービスを利用するには営業担当者に連絡を取り、対面や電話経由で契約を交わすことになります。ちなみにヘッジファンドバンキングの営業担当者と話をするにはこちらの番号に連絡をするだけ。

  • 03-5436-6120

いずれにせよ、オンライン経由で契約をするかヘッジファンドバンキングの担当者と連絡を取れば各種のサービスを利用することができます。ただし、サービスの内容が分からないと契約に二の足を踏んでしまうこともあるかもしれません。

そこでもしあなたがヘッジファンドバンキングの提供サービスに興味を持ちましたら先ほど紹介した番号に電話をして面談を設定してもらうことをおすすめします。面談自体は無料ですし、面談を設定しても契約は義務付けられておりません。