気になるヘッジファンドマネージャーの年収とは?

気になるヘッジファンドマネージャーの年収とは?

今回は多額の資金を運用するヘッジファンドマネージャーの年収や給料事情について見ていこうと思います。

「ヘッジファンドのマネージャーってどのくらいの年収をもらっているんだろう」

世界的に有名なヘッジファンドマネージャーや大手ファンドの平均年収やボーナスって、かなり気になるかと思います。そこで、そんな気になるヘッジファンドマネージャーの年収ランキングや知られざる業務内容、そしてボーナスや給料格差について紹介していこうと思います!

アメリカなど世界のヘッジファンドマネージャー年収ランキング

アメリカなど世界のヘッジファンドマネージャー年収ランキング

まず早速、気になる世界のヘッジファンドマネージャーの年収(2016年度)をランキング形式で見ていこうと思います!

年収が高いと言われている世界のヘッジファンドマネージャーは一体どれほどもらっているのか見てみましょう。

順位年収(2016年度)マネージャー名ファンド名
第1位15億ドル
(1,650億円)
ジェームズ・シモンズルネサンス・テクノロジー
第1位15億ドル
(1,650億円)
マイケル・プラットブルークレスト
第3位14億ドル
(1,540億円)
レイ・ダリオブリッジ・ウォーター
第4位7.5億ドル
(825億円)
デビット・テッパーアパルーサ・マネジメント
第5位5億ドル
(550億円)
グリフィンシタデル・インベストメント

第1位はジェームズ・シモンズ氏とマイケル・プラット氏が同率となっており、この2人は2016年度の年収が15億ドル(約1,650億円)となっています。続いて第3位に年収14億ドル(約1,540億円)のレイ・ダリオ氏がランクインしていますね。

第4位から年収が少し下がって7.5億ドル(約825億円)のデビット・テッパー氏、そして第5位に5億ドル(約550億円)のグリフィン氏となっています。

やはり圧倒的ではないでしょうか?日本人の平均年収は420万円となっていますので、1位の年収と比べると約4万分の1ということになります。

つまり日本人が1650億円に到達するためには、420万円の年収ですと約4万年かかるということになりますね。実際に数字を目の当たりにすると少し絶望的ですが…

ではランキングにいるヘッジファンドマネージャーたちは実際どのような人物なのでしょうか?ここでは特に気になる上位3名についてそれぞれ見てみましょう。

投資に数学的なアプローチをしたジェームズ・シモンズ

ジェームズ・シモンズ氏はヘッジファンド年収ランキング第1位の常連で、投資に数学的なアプローチを取り入れた第一人者としても有名です。

元々ハーバード大学の数学者でもあるジェームズ・シモンズ氏は「数学の天才」として注目を浴びており、彼の投資判断はすべて数学的な計算のもと行われていました。

コンピューターを使った分析を繰り返し、投資の相場にある一定の規則性を見出すことに成功。そしてそのあと数字に強い人材を募り、独自のヘッジファンドを興したといいます。

リスク管理に特化したマイケル・プラット

ジェームズ・シモンズ氏と同率で年間15億ドル稼いでいるマイケル・プラット氏は、リスク管理を徹底する運用スタイルを武器にしています。

というのも元々株式トレーダーだったプラット氏は、1987年に起きた史上最大の株価暴落「ブラックマンデー」で大きな損失を経験します。これを機に、リスク管理に目覚めたプラット氏は、JPモルガンでのデリバティブトレーダーを経て、独自のヘッジファンドを設立。

2012年には運用資産が290億ドル(約3.3兆円)に達成し、過去12年間で-5%以上の損失はないという実績を残しています。ちなみに出せる損失は-3%までという厳しいルールを徹底した彼のファンドは、2017年上期(1月~6月)でも30%のリターンを残しているといいます。

情報力に長けたレイ・ダリオ

最後に見ていくヘッジファンドマネージャーは、年収14億ドルのレイ・ダリオ氏です。

ダリオ氏は幼いころから株式投資に興味を持っており、大学では金融を集中的に勉強。そして金融会社を経験したのち、今では世界最大のヘッジファンド「ブリッジ・ウォーター」を設立します。

そんな彼は「追求した真実を信じて運用する」というスタイルを貫いており、リーマンショック時に大成功を納めます。というのも、当時彼は「政府や中央銀行は都合の良いことしか報道していない」と思っており、自分で調べ上げた結果「アメリカ経済は危機的状況にある」という結論に至りました。

この事実を知ってから彼は「アメリカの経済に関連性のない市場や商品」に投資を行い、リーマンショック時には12%ものリターンを出すことに成功しました。

確かに投資の世界で情報力は必須。彼は自分で正しい情報を取得し、それを基準に運用していくというスタイルを確立したのです。

さてここまで、年収ランキング上位のヘッジファンドマネージャー3名について見てきました。それぞれ異なる考えやスタイルで運用を行っているので非常に参考になるかと思います。

では、こんなにも実績を出せる「ヘッジファンドマネージャー」とは、一体どんな業務内容で、どんな給料事情があるのでしょうか?次に気になるヘッジファンドマネージャーの業務内容や給料事情、そして知られざるボーナスや格差について見ていきましょう。

ヘッジファンドマネージャーの業務内容や給料事情って?

ヘッジファンドマネージャーの業務内容や給料事情って?

先ほど触れましたように、ヘッジファンドマネージャーは非常に稼げる職業だと言えますが、実際全貌はどのようになっているのでしょうか?

そこでまずは、ヘッジファンドマネージャーの業務内容について見ていきましょう。

意外と地味?マネージャーの業務内容

一般的にヘッジファンドマネージャーは「かなり稼げる」「かっこいい」という印象が強い一方で、やはりその分激務をこなしているのでは?と思われています。

そこでここではあるヘッジファンドマネージャーの1日のスケジュールを見ていきたいと思います。

  1. 「朝会」という会議(前日の動向や成績などの報告会)
  2. アナリストとのミーティング
  3. 購入銘柄のチェック
  4. タスク管理、実務
  5. ランチミーティング
  6. 当日の動向把握・予想
  7. 事務処理、外部ミーティング

いかがでしょうか?一見華やかな印象があるヘッジファンドマネージャーの実際の業務内容はほとんどが会議やミーティングなのです。

ただもちろん一流になればもっとスケジュールが過密になりますのでかなりの激務になります。それでも顧客とのミーティングや会議の割合は多く、一番きついのはミーティング中の眠気を我慢することなんだとか。

ヘッジファンドマネージャーの仕事はひたすらに資産を増やすことですので、極端に言えば資産を増やせてさえいれば回りからどうこう言われることはありません。

ただ資産を増やすためにたくさんの会議やミーティングが必要になるということですね。

では次に、多額の年収をもらっているヘッジファンドマネージャーの給料事情やボーナス、そして格差について見ていきましょう。

ボーナスや給料格差

ヘッジファンドマネージャーの給料事情やボーナスは、ファンドの規模に大きく左右されます。

一般的に40億ドル(約4,500億円)規模の大型ファンドの場合、年収が平均27.5万ドル(約3,100万円)となっており、ボーナスで650万ドル(約7億円)がもらえるそうです。

一方5億ドル以下の小規模ファンドだと、年収の平均は22.5万ドル(約2,500万円)となっており、ボーナスが107万ドル(約1億円)となっているといいます。

このようにファンドの規模だけでこんなにも年収が変わり、特にボーナスの支給額には大きな格差があると言えますね。このボーナス格差の大きな要因は、成功報酬でしょう。

ヘッジファンドは運用管理費以外に成功報酬という手数料がかかると言いましたが、この成功報酬がボーナスに大きく影響しています。つまり大手ファンドで大きな額を運用するほうが成功報酬の額も大きくなるので、この格差は必然だとも言えます。

いずれにせよ、ヘッジファンドマネージャーはかなりの年収をもらっていることには変わりがありませんね。ちなみにヘッジファンドマネージャーに劣らず多額の年収がもらえるのがファンドの営業マンだとか。

ファンドの顔として営業する営業マンにも案件ごとの成功報酬がかなり入るのでマネージャーほどではないにしろ、多額の年収になっているそうです。

日本人マネージャーが活躍できないワケ

日本人マネージャーが活躍できないワケ

先ほど紹介したファンドマネージャーランキングでも、日本人ファンドマネージャーはランク外。むしろ100位以内に入っているマネージャーもいないほど日本人のヘッジファンドマネージャーは活躍できていないのが現状です。

ではなぜ日本人ヘッジファンドマネージャーはそんなに活躍できないのでしょうか?

それは、「日本にヘッジファンドがほとんどない」というのが大きな要因となっています。つまり、そもそも日本人マネージャーが少ないのです。

世界的に有名なヘッジファンドの多くは、シンガポールやケイマン諸島、ドバイといった「タックスヘイブン」の地域に拠点を置いています。タックスヘイブンというのは、法人税が全くのゼロの国で、国によっては所得税や個人税もかなり優遇されています。

大きな資金を運用するヘッジファンドは、日本のような法人税がかなり高い税率で課される国には向いておらず、税制面で日本にヘッジファンドが少ないのです。

他にも日本人の金融に対する知識や意識の低さも要因の1つです。

アメリカをはじめとする海外では、中学・高校の段階で金融について学べるカリキュラムになっており、若いころから資産運用に対しての意識が高いと言えます。一方日本は金融や資産運用にについて学ぶ機会が少ないのでそもそも資産を運用しようと思う人も少ないのです。

まとめますと、そもそも日本にはヘッジファンドが少なく、またヘッジファンドを利用して資産を増やそうという人口が少ないというのが大きな要因となっているのです。

ただもし大きな資金を運用するならやはり日本人マネージャーとしっかり話をして運用してもらいたいですよね。

当サイトにはそんなお悩みを持つあなたの役に立つ、数少ない国内のおすすめファンドをまとめた記事もありますので是非チェックしてみてくださいね。

>>知っておきたいファンドの選び方やおすすめファンドはこちら

ここまでの内容とまとめ

今回は、気になるヘッジファンドマネージャーの年収やランキング、そして給料事情についてみてきました。

やはり多額の資金を運用しているヘッジファンドマネージャーともなれば、計り知れない年収をもらっているのがわかったと思います。特に大規模の大手ファンドのトップマネージャーや今回ランキング形式で紹介した世界の著名マネージャーは年収も桁が違いますね。

いずれにせよプロに任せるヘッジファンドは、資産運用の手段としてかなりおすすめですので興味がある方は始めてみてはいかがでしょうか?

>>ヘッジファンドの基本情報やしっておきたいリスクはこちら