最新のヘッジファンドランキングとは?


本記事では日本や海外のヘッジファンドを様々な項目でランキング化してみました!

「利回りが高いヘッジファンドはどこ?」
「ヘッジファンドの運用額はどれくらい?」」
「投資が始めやすいヘッジファンドはどこ?」

このような疑問を解決し、自分にとってピッタリなヘッジファンドが見つけられれば幸いです。

既に海外では広く普及しているヘッジファンド。多くの著名な投資家がヘッジファンドで資産運用を行っており、いずれも高いリターンを記録しています。

最近では日本でも広まってきており、ヘッジファンドへの需要が高まってきていると言います。

そこで今回はそんな日本・海外のヘッジファンド最新ランキングを大公開!

さらに世界の大物ファンドマネージャーの年収・報酬もランキング形式で紹介していますので興味がある方はチェックしてみてくださいね。

日本のヘッジファンドランキング

では早速、日本のヘッジファンドランキングを見ていこうと思います。

現在国内にヘッジファンドは10社前後くらいありますが、今回はその中でも特に気になる「利回り」「運用額」「投資の始めやすさ」に注目しランキング化していきましょう!

第1位:BMキャピタル

国内第1位はBMキャピタル(bm capital)
国内第1位はBMキャピタル(bm capital)です。

BMキャピタルは東大・京大卒で構成されたエリート集団で、主に国内株式の銘柄分析や調査を得意としています。

運用成績、運用方針、運営者経歴、リスクの低さ、資金の流動性をグラフ化したものは以下のとおりです。

BMキャピタル(bm capital)の特徴をグラフ化

BMキャピタルの運用方針は、厳正な分析によって選定された銘柄にのみ投資を行うので、過去に運用成績がマイナスになったことは一度もなく、そのうえで年間で10〜20%のリターンを出し続けています。

運用額は100億円を超え、現在も投資家が増加しています。

BMキャピタルの信条は「堅実な投資」で、国内株の中でもキャッシュが豊富で割安な銘柄に投資を行います。

このような銘柄に投資を行い、時には大株主となり議決権を行使して経営陣に株価上昇のための提案を行うことも。

その証拠に「瀧上工業」という銘柄の大株主情報でBMキャピタルを確認することができます。

BMキャピタル(bm capital)は瀧上工業の大株主

引用:Kabutan

また、BMキャピタルから投資家に対して送られてくるレポートにも以下のような記載があります。

2021年Q1レポート

議決権は株式保有数に比例し、少数ではほとんど無価値な権利です。しかし一定数を超えると様々な株主権利が行使可能となり、単なる利益配分以上の価値を持つようになります。

経営者の非合理的な行為や不公正な取引に対しては強く反対の姿勢を示し、株価向上のために適切な提案と最大限の活動を行います。

※BMキャピタルの2021年第一四半期レポートの一部を筆者が要約

このレポートからわかることは、BMキャピタルはいわゆる「物言う株主」として、適時経営陣に対して株価上昇の施策を積極的に提案していく姿勢であるということです。

ただし大株主として議決権を行使して経営陣に株価上昇を促すには、相当な労力と時間がかかります。

つまりBMキャピタルへの投資は、長期的な目線で見ておく必要があるということです。

実際にBMキャピタルの運用実績を細かく見ると、単月ではマイナスの時もあります。

しかし年間を通してはしっかり利益を出していますので、安定かつ長期的な運用を目指すのであればBMキャピタルはおすすめできるヘッジファンドです。

最低投資金額については、1000万円からとヘッジファンドの中では平均的な水準です。

なおBMキャピタルへの投資はリスクがあることをお忘れなく。

2008年のリーマンショックや2015年のチャイナ・ショックなど、予期しない突発的な事象により大きな株価変動が起こる可能性があります。

この辺りのリスクについては、BMキャピタルの担当者と面談を実施して聞いてみるといいでしょう。

もちろん面談は無料で実施され、面談をしても投資することは義務となっていません。

迷ったらまずは聞いてみる、この姿勢は投資で成功するための大切なポイントといえますね。

なおBMキャピタルについてもっと詳しく知りたい方は、以下の別ページで詳しく書いています。

BMキャピタルの特徴や実態を深堀りしていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

>>当サイトおすすめヘッジファンドランキング 第1位 BMキャピタル

第2位:エクシア合同会社

国内第2位はエクシア合同会社(exia、旧エクシアジャパン)
国内第2位は、エクシア合同会社(EXIA)です。

エクシア合同会社についても、運用成績、運用方針、運営者経歴、リスクの低さ、資金の流動性をグラフ化してみました。

エクシア合同会社(exia、旧エクシアジャパン)の特徴をグラフ化

エクシア合同会社は、FXの自己運用を行うエクシア・プライベート・リミテッドのほか、グループ会社で金融二種の免許を持つエクシア・アセット・マネジメント株式会社、暗号資産交換業者のエクシア・デジタル・アセット株式会社、不動産事業などに投融資を行う投資会社です。

貸付利息を会社の収益とし、収益の一部を投資家に配当として出します。

その配当は圧巻で、2018年は約44%、2019年は約35%、2020年は約38%と好成績を維持。

このような好成績もあり、2021年8月現在、累計出資者数10,122名、累計総出資金額580億円と設立6年ほどで大きく成長しています。

また最低投資金額100万円という敷居の低さもあり、毎月30〜40億円の資金の流動性は圧倒的です。

ただし貸付け先の事業内容が不透明であることと、BMキャピタルの運用者経歴を比較し、ここでは2位とさせて頂きました。

第3位:ヘッジファンド証券

国内第3位はヘッジファンド証券
国内第3位は、ヘッジファンド証券です。

ヘッジファンド証券についても、運用成績、運用方針、運営者経歴、リスクの低さ、資金の流動性をグラフ化してみました。

ヘッジファンド証券の特徴をグラフ化

ヘッジファンド証券は2011年に設立されたヘッジファンドの販売に特化した証券会社です。

現在は1口1,000万円から購入可能な、日本株ヘッジファンド運用商品の販売をしています。公式HPにはコラムやブログなどのコンテンツを用意し、セミナーも積極的に実施。

ただし現在販売しているヘッジファンドの詳細については、HP上に記載がないため、気になる方は直接問合せてみるといいでしょう。

なおヘッジファンド証券についても、別ページで詳しく書いていますので、興味があれば見てみてください。

>>ヘッジファンド証券の評判や特徴を徹底解説

世界のファンドランキング(利回り編)

では次に、世界のヘッジファンドを利回りでランキング化していこうと思います。

アメリカをはじめ、世界中で浸透しているヘッジファンドは高い利回りが魅力です。そんなヘッジファンドの過去3年間の利回りランキングはこちら!

第1位:アラントラ・アセット・マネジメント

世界のヘッジファンドランキング第1位はアラントラ・アセット・マネジメント

第1位はスペインの拠点を置くアラントラ・アセット・マネジメントです。

アラントラ・アセット・マネジメントはオフショアファンド(日本に入ってこない海外の金融商品を扱うファンド)の1つで、過去3年間の平均リターンはなんと26.21%。

2016年度も26%超えのリターンを記録しており、主に欧州の中小企業を投資対象にしています。資本金額も390億円となっており、今まさに成長しているヘッジファンドだと言えます。

第2位:マングローブ・パートナーズ

世界のヘッジファンドランキング第2位はマングローブ・パートナーズ

第2位はアメリカのマングローブ・パートナーズ

マングローブ・パートナーズは海外株式と投資対象としており、ロングとショートを使い分けて安定したリターンを出しています。その結果過去3年間の平均リターンは約23.34%で、2016年度のリターンはなんと50.58%にも上っています。

2015年はそこまで注目を浴びていないヘッジファンドでしたが、最近になって高い実力を発揮している注目のヘッジファンドです。

第3位:セガンティ・キャピタル・マネジメント

第3位は香港に拠点を置くセガンティ・キャピタル・マネジメントです。セガンティ・キャピタル・マネジメントは主にアジアの株式などを投資対象にしており、過去3年間の平均リターンは23.06%となっています。

第2位のマングローブ・パートナーズとかなりの僅差ですが、リターンも安定しておりアジアを代表するヘッジファンドと言えるでしょう。資本金も大きく、1,920億円の規模を誇るので将来性の高いヘッジファンドです。

さてここまで、世界のヘッジファンドを利回りでランキング化してきました。ここまで紹介してきたヘッジファンドランキングをわかりやすく表にしてみました。

世界のヘッジファンドを利回りでランキング

大物ファンドマネージャーが在籍するブリッジウォーター・アソシエイツやAQRキャピタル・マネジメントは今回大きく順位を落としていましたが、それでも平均10%前後のリターンは出ていたようです。

世界のファンドランキング(資産運用額編)

さて続いては、資産運用額でみる世界のヘッジファンドランキングを紹介していこうと思います。

第1位:ブリッジウォーター・アソシエイツ

世界のファンドランキング(資産運用額編)第1位はブリッジウォーター・アソシエイツ

運用額第1位は、やはりブリッジウォーター・アソシエイツです。

レイ・ダリオ率いるブリッジウォーター・アソシエイツは今や世界最大級のヘッジファンドとなっており、運用額は1,116憶ドル(約13兆円)となっています。2015年度には1,600憶ドル(約18兆円)の運用をしており、やや運用額自体は下がっているようです。

とはいえ、これはヘッジファンド業界が全体的に下落傾向にあり、そうした状況下でもこれだけの資産を運用しているブリッジウォーター・アソシエイツはやはりすごいと言えますね。

第2位:AQRキャピタル・マネジメント

世界のファンドランキング(資産運用額編)第2位はAQRキャピタル・マネジメント運用額ランキング第2位は、アメリカのAQRキャピタル・マネジメント

こちらも前年同様のランキングになっており、2016年度は690億ドル(約7.7兆円)にも上りました。AQRキャピタル・マネジメントは昨年650億ドル(約7.2兆円)でしたので、2016年度で多少上がっていると言えますね。

第3位:マン・インベストメンツ

世界のファンドランキング(資産運用額編)第3位はマン・インベストメンツ

運用額ランキング第3位は、マン・グループのマン・インベストメンツです。

イギリスに本拠地を置くマン・インベストメンツは540億ドル(約6兆円)を運用しており、2015年度よりも40億ドル多い運用額となりました。

ここまで第1位から第3位までの運用資金ランキングを見てきました。ここまで紹介した運用額ランキングをわかりやすく表にまとめてみました。

世界のファンドランキング(資産運用額編)のまとめ

運用額ランキングは毎年大きな変化はなく、ブリッジウォーター・アソシエイツとAQRキャピタル・マネジメント、そしてマン・インベストメンツが毎年ランキングの上位を占めています。

次いでオクジク・キャピタルやブラックロック・インベストメンツ、そしてルネッサンスがランクインしてきます。いずれも海外では大手ヘッジファンドとなっており、信頼性も高いファンドだと言えますね。

ファンドマネージャーの報酬や年収で順位をつけてみた!

次に、気になる世界の大物ファンドマネージャーの年収や報酬をランキング形式で見ていこうと思います。

一般的に年収が高いと言われているヘッジファンドのファンドマネージャー。そんなファンドマネージャーの年収を見てみましょう。

第1位:ジェームズ・シモンズ(16億ドル)

ファンドマネージャーの年収第1位:ジェームズ・シモンズ(16億ドル)

ファンドマネージャーの報酬・年収ランキング第1位は、ルネサンス・テクノロジーズの創立者ジェームズ・シモンズ

彼は2016年度で、なんと16億ドル(約1,781憶円)もの報酬を得ているという。ジェームズ・シモンズ氏は投資に数学を用いた第一人者で、「チャーン・シモンズ理論」という彼の名がついた理論があるほどの数学家。

ジェームズ・シモンズ氏が設立したルネサンス・テクノロジーズは2008年に80%のリターンを記録しており、今でも20%近いリターンを安定して出しています。

第2位:レイ・ダリオ(14億ドル)

ファンドマネージャーの年収第2位:レイ・ダリオ(14億ドル)

報酬ランキング第2位は、ブリッジウォーター・アソシエイツの創立者レイ・ダリオです。

レイ・ダリオ氏は世界を代表する大手ヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエイツ」の創立者で、2016年度は14億ドル(約1,564億円)の報酬を得ています。

彼は高校時代に独学で株式投資を始め、失敗と成功を繰り返しながら経済や価格の変動には一定の共通点があると確信したといいます。それの基づいて独自の投資スタイルを編み出し、今ではファンドマネージャーとして大きな報酬を得ているのです。

第3位:ジョン・オーバーデック(7.5憶ドル)

ファンドマネージャーの年収第3位:ジョン・オーバーデック(7.5憶ドル)

報酬ランキング第3位は、ツーシグマ・インベストメンツのジョン・オーバーデックです。

ツーシグマ・インベストメンツの共同設立者であるジョン・オーバーデックは7.5億ドル(約837憶円)の報酬を得ています。ツーシグマ・インベストメンツは数字に徹底的なこだわりを持ったヘッジファンドで、分析を得意としています。

そんなツーシグマ・インベストメンツの共同設立者であるジョン・オーバーデック氏も、16歳のときに国際数学オリンピックで銀メダルを獲得するほどの頭脳の持ち主。

ジョン・オーバーデック氏の類まれなる数学の才能によって、ツーシグマ・インベストメンツは常に安定したリターンを出し続けています。

さて、ここまでヘッジファンドのマネージャーがもらっている報酬や年収でランキングを紹介してきました。ここでは上位3名だけをピックアップしましたが、10位までのランキングを見てみましょう。

報酬や年収でランキング

6位のケネス・グリフィン氏は2015年度で16億ドルの報酬を得ていたのですが、2016年度では10億ドル低い6億ドルとなっています。2016年はヘッジファンド業界にとってもあまり前向きな年じゃなかったので、そういった影響が出ていると言われています。

管理人イチオシのおすすめファンドはここ!

今回は海外や日本のおすすめヘッジファンドをランキング化して紹介してきました。

数あるヘッジファンドの中でも特に管理人がおすすめするファンドは、安定した運用成績を出しているBMキャピタルでしょう。

守りながら攻めるという意味では、初心者の方でも安心して始められる国内ヘッジファンドだと言えるでしょう。

興味がある方は是非一度BMキャピタルにお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

なおBMキャピタルについては以下の記事でまとめてますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ファンドランキング
BMキャピタル
EXIA
ヘッジファンド証券