おすすめのヘッジファンド特集!

「ヘッジファンドに投資をすることには興味があるけれどもどこのファンドに投資をするのが良いのかわからない・・・」
「ファンドへの投資には興味があるけれどもどうやってアポイントを取ればよいのかわからない・・・」

今のあなたはこんなお悩みを持たれていないでしょうか?

実はヘッジファンドという言葉は最近日本でもよく知られるようになりましたが、どこのファンドが良いのかはいまひとつ知られていません。それにヘッジファンドはテレビCMや新聞の広告欄で大々的に自社を露出させているわけではないので連絡方法もあまり知られていません。

そこで今回のコンテンツではヘッジファンドの選び方、おすすめのファンドの名前、ファンドに問い合わせる方法について紹介しています。運用能力が高くて投資する価値があるファンドの名前、そしてファンドに投資を頼む方法がよくわかります。

ヘッジファンドの選び方のポイント

日本には100社を超えるファンドがあり、各ファンドの運用スタンスや運用目標はばらばら。「ファンド選びがヘッジファンド投資の結果を決める」という言葉あるようにヘッジファンドへの投資を成功させるコツはファンド選びです。

そこでおすすめのファンド名について紹介する前にファンド選びのポイントについてまとめてみました

  • 今年度の運用目標
  • 最低私募金額
  • マネージャーの運用実績

ここで取り上げた3つのポイントとそれぞれの基準の指標数値についてこれから見ていこうと思います。まず最初に紹介するのは今年度の運用目標です。

今年度の運用目標

ヘッジファンド選びで欠かせないのがそのファンドの運用目標です。基本的にどのヘッジファンドも投資家向けに運用目標を報告し、その目標を達成することを目標とした投資戦略を考えます。

例えば運用目標を10%に定めたファンドの場合、10%を確実に達成できるであろう手法を取ります。他方で運用目標を年利25%と定めるファンドはその目標を達成するために目標と10%としたファンドよりも強気の運用をします。

ここからいえることはあなたが目指す運用利回りを明らかにしたうえでその目標を達成できるファンドを選ぶことです。そのためにもファンドを選ぶ際には自分が年利で何パーセントの運用益を求めるのかを明らかにすることをおすすめします。

最低私募金額

この運用目標と同様にファンド選びにポイントになるのは最低私募金額です。

そもそもこの最低私募金額というのは何かというとファンドに投資する際に求められる最低投資金額のようなものです。この最低投資金額は各ヘッジファンドで大きく異なっており、300万円のファンドもあれば1億円のヘッジファンドもあります。

いくらあなたが望む運用益を達成できるファンドを見つけても予算が合わなければ利用ができません。そこでヘッジファンドを投資する際には投資の予算を明らかにした上であなたの予算に合う会社を見つけることが欠かせません。

マネージャーの運用実績

どのファンドを選ぶのかと同様にファンドマネージャーの実績に目を向けることです。

そもそもこの「ファンドマネージャー」とは何者かというとファンドの運用計画の立案からプランの実行までを担当する責任者です。要するにあなたが投資したヘッジファンド商品の運用の最高責任者です。

いくら優秀なヘッジファンドであっても運用を担当するマネージャーの質が低いとよい結果は見込めません。その一方で中小のファンドであっても優秀なファンドマネージャーがいる会社は年間で20%を超える運用益を安定して出しています。

ファンドマネージャーの質を考える際に欠かせないのが過去の運用成績です。そこで投資を考えるファンド商品がある場合、投資前にファンドの運用の責任者であるファンドマネージャーの過去3年間の運用成績を調べたいですね。

過去3年間の運用成績を調べてみて、その数値が15%を超えるようでしたら本物です。十分に投資に値するかと思います。

おすすめのヘッジファンド

さてここまで投資するヘッジファンドを選ぶ際のポイントについて見てきました。ここまで見てきた3つのポイントについて改めて振り返ってみます。

  • ファンドの運用目標があなたの希望通り
  • 初期投資額が投資の予算に合うこと
  • ファンドマネージャーが優秀であること

ここで取り上げた3つの条件を満たすヘッジファンドとして、BMキャピタルという会社がありますので、見ていきましょう!

BMキャピタル

数少ない国内ファンドの中でも特に優秀なヘッジファンドは、BMキャピタルというファンドです。このBMキャピタルというヘッジファンドに見られる主な特徴についてまとめてみました。

  • 10%以上の利回りを望める
  • 設立以来損失を出したことがない
  • 1000万円以下の問い合わせも可

この3つの中でも「10%以上の利回りを望める」ことと「設立以来損失を出したことがない」という2点が注目に値します。実はBMキャピタルはファンド全体の方針として損失を出さないことを第一とした運用スタンスを取っています。

その結果として設立以来損失を出していないので損失リスクが「限りなく低い」ということで最近個人投資家からの注目を集めています。肝心の運用実績に関しても設立以来10%を切ったことがないので運用能力の高さにも疑いの余地がないヘッジファンドです。

もし安全性の高いヘッジファンドに投資をしたいということでしたらBMキャピタルの右に出るファンドはそうはありません。BMキャピタルの運用成績や会社としての特徴が気になりましたら公式サイトをどうぞ。

BMキャピタルの詳細はこちら