実際にヘッジファンドに投資するには?

ヘッジファンドに投資をするには2つの方向からアプローチすることが可能です。まずヘッジファンドを「国内」と「海外」の、どちらを見ていくか、ということです。

海外ヘッジファンドに投資するには、FA(ファイナシャルアドバイザー)と呼ばれるエージェントを通じてアクセスすることになります。FAは生命保険会社と保険の販売員の関係性と似ています。

FAは個人登録の投資顧問業者で、ファンド会社と契約を結んでいるのです。FAの収益はファンドの販売報酬や信託報酬の一部から得ることになります。彼らが実際、海外ファンド商品の説明や手続きの代行を請け負うのです。

FAはネットやブログで積極的に営業活動をしています。しかし、金融商品取引法では、日本国内で設定登録されていない金融商品を不特定多数に勧誘したり販売することはできません。投資家一人一人が法的責任を問われる可能性は低いでしょうが、原則的に国内法では違法とされてしまいます。

とはいえ、FAは海外では正規の登録を済ませていますので、海外に契約等やりとりするのはまったく合法なのです。判断は難しいところですが、あくまでも、日本の法体系においては無許可なので、自己責任で決定するしかないです。

未分類の関連記事
  • ヘッジファンドと投資信託の違いを徹底比較!おすすめはどっち?
  • 積立NISAとは?メリット・デメリットやおすすめ商品を大公開
  • ヘッジファンド証券の評判や特徴を徹底解説
  • ヘッジファンドとは何なのか?投資初心者向けに徹底解説!
  • 個人向けのおすすめヘッジファンドを大公開!
  • ヘッジファンドによるビットコイン投資の最新動向を紹介!