1000万円から使えるヘッジファンド特選

ヘッジファンドは一部の資産家しか利用ができないと誤解していないでしょうか?

正直な話10年前ならヘッジファンドは運用資金がが3億円を超えるような富裕層や潤沢な投資資金を持つ機関投資家しか相手にしておりませんでした。ですが、リーマンショック以降ヘッジファンド業界は一変し、現在では1000万円から利用がでる「お手軽なヘッジファンド」が増えてきました

今のあなたの年収や総資産の金額は分かりませんが、1000万円という資金は頑張れば準備できるのではないでしょうか?

もしこの質問に対してYesならあなたにはヘッジファンドを利用する権利があります。

とはいえ、1000万円から利用できるヘッジファンドにはどんな会社があり、投資をするとどんな結果が見込めるかわからないと投資はできないと思います。そこでこのページでは最近注目を集めている1000万円から利用できる人気のヘッジファンド3社をランキング形式で紹介していこうと思います。

人気のヘッジファンドランキング

まずは今回紹介する1,000万円から利用することができる人気のヘッジファンドの名前をランキング形式でまとめてみました。

  • M&S
  • BMキャピタル
  • ヘッジファンド証券

ここでランキング形式で取り上げた1,000万円から利用できるヘッジファンド各社の運用成績や提供サービスの中身については上から順番に見ていきます。


M&S

最初に紹介する1,000万円から利用ができるヘッジファンドはM&Sという会社です。

このM&Sという会社は創業した年度が2016年と非常に新しいヘッジファンドです。新興のヘッジファンドなのでヘッジファンド業界の中では知名度はまだまだ高くはありませんが、
おすすめランキング第一位に選だことにはこういった理由があります。

  1. 国内で数少ないアクティビストファンドである
  2. 銘柄分析能力に特化している
  3. Asia Headg Awards 2017に日本勢唯一ノミネート

それぞれについて簡単に特徴を紹介します。

国内で数少ないアクティビストファンドである

実はM&Sは10年ほど前にテレビを賑わせた村上ファンドのような手法を利用することで有名なヘッジファンドです。

具体的には大量の現金を抱え込んでいる企業の中で株価が割安な会社を選んで集中投資をして大株主になります。そのうえで議決権を行使して株主総会で配当金の割り増しや株価が高まるような自助努力を経営陣に訴えかけます。

こういった日本ではあまり行われない「物言う投資家」的なスタンスを取り
、配当金の割り増しによる利益株価の向上による利益という2重の利益

の確保に取り組みます。

海外のヘッジファンド顔負けのアクティビストファンドである点は今回紹介する他のヘッジファンドにはないM&Sの大きな特徴の1つです。

銘柄分析能力に特化している

2つ目の魅力として、M&Sは投資先銘柄の分析に特化している点が挙げられます。

公式サイトでも公開されていますが、上記の投資先銘柄はいずれも大きく上昇しています。

2018年3月以降の運用成績も10%を超えており、良いリターンを出し続けていると言えますね。

Asia Hedge Awards 2017に日本勢唯一ノミネート

最後の魅力として、M&Sは「Asia Hedge Awards 2017」のNew Funds of the Year部門で日本勢で唯一ノミネートしました。

このAsia Hedge Awardsにノミネートされるファンドは、有名な「ユーリカヘッジ」による厳正な審査のもと選出されています。

こうした海外の大きな機関からも注目されているM&Sは非常に安全性も高く、良いファンドだと言えますね。


BMキャピタル

次に取り上げるランキング第2位のヘッジファンドはBMキャピタルという会社です。こちらのヘッジファンドの際立つ特徴についても先ほど紹介したM&Sのように一覧にしてみました。

  1. 金融のプロが多数在籍している
  2. 設立以来常に二けたの利回りを実現
  3. 交渉次第で1,000万円以下からの投資も可能

ここで取り上げたそれぞれのポイントの詳細について見ていきます。

金融のプロが多数在籍している

1,000万円から投資ができるBMキャピタルはヘッジファンド業界随一の人材の質の高さで有名です。その裏付けとしてBMキャピタルの主要なメンバーの経歴を調べるとこういった形になっております。

  1. 東大卒業
  2. 外資系の金融機関勤務
  3. BMキャピタルに参画

このようにBMキャピタルに入る前は常にエリート街道を歩んできた超一流人材なのです。つまり、あなたが1,000万円を用意してBMキャピタルに投資をすれば、
金融の最前線で活躍した経験をつ最高峰の人材に資産の運用を任せられる

のです。

この人材の質の高さは他のヘッジファンドにはないBMキャピタルの大きな持ち味です。

設立以来常に二けたの利回りを実現

人材の質が高いことと相まってBMキャピタルはファンド設立以来10%以下の年利を計上したことがありません。

つまり、ヘッジファンドに1,000万円を預ければ高い確率で毎年10%以上のペースで1,000万円を増やしてもらえるのです。ちなみに年利10%というペースで1,000万円を運用するとこのようになります。

年後 運用累計額
1年目 11,000,000
2年目 12,100,000
3年目 13,310,000
5年目 16,105,100
10年目 25,937,425
15年目 41,772,482

15年預ければ預けた1,000万円は4倍以上になります。しかもBMキャピタルは投資家から集めたお金を減らさないことを第一に運用してくれると宣言しているので1,000万円が大幅に減ることは基本的には想定できません。

交渉次第で1,000万円以下からの投資も可能

運用利回りの面でも運用担当者の質の面でも際立つBMキャピタルの隠れた持ち味は初期投資額です。

実はBMキャピタルは基準となる最低投資額は1,000万円ですが、交渉次第では1,000万円以下でも投資することができます。現に管理人がBMキャピタルの担当者に電話で確認したところ、
1,000万円以下の資金で出資をけ入れたケースは過去に何度かあった

と話してくれました。

どうしてもヘッジファンドを利用する際には資金がネックになると思います。その点表上は1,000万円としながらも1,000万円以下でも利用ができるという点は他のヘッジファンドにはない大きな持ち味です。

この会社の詳しい情報はこちら


ヘッジファンドダイレクト

3社目として紹介するのはヘッジファンドダイレクトという会社です。

このヘッジファンドダイレクトは世界各国のヘッジファンド商品を個人投資家に販売をしている投資助言会社です。投資助言会社である以上、純粋にはヘッジファンドとは異なりますが、1,000万円相当の金額から投資できるヘッジファンド商品を多数扱っているので今回のランキングに加えました。

先ほど紹介した3社と比較するとやや特殊な事情を持つヘッジファンドダイレクトの特徴にはこういったものがあります。

  1. 好きなヘッジファンド商品を買える
  2. 解約申請がしやすい

それぞれの詳細についはこれからみていきます。

好きなヘッジファンド商品を買える

ヘッジファンドダイレクトは世界各国のヘッジファンド商品を販売しているためにあなたのスタンスに合ったヘッジファンド商品に投資をすることができます。

ヘッジファンドダイレクトが扱うファンドの中には高利回りのものもあれば、リスクが限りなく低いものもあります。複数の商品を扱っている点は自社でファンド運用をしているこれまで紹介した3社とは異なる点です。

解約申請がしやすい

2つ目の特徴は先ほど紹介した3社と比較すると解約処理が簡単であることです。

実はほとんどのヘッジファンドには解約に関する制限があり、各4半期で解約申請ができる期間が決められています。その点ヘッジファンドダイレクトはいつでも解約申請を受け付けているので、解約申請のしやすさに定評があります。

会社としての信頼性が高い

今回紹介しているヘッジファンドダイレクトは金融庁から営業許可を受けた投資助言会社です。

きちんと正式な営業許可を受けている分、いわゆる怪しい会社ではありません。それに創業年度が2008年と今回取り上げた4社の中で最も古い点も会社としての信頼性の高さを物語っております。

会社としての信頼性は運用実績とはややずれますが、信頼性は高いに越したことがないので、10年もの長い期間利用者に評価され続けている点は注目に値します。


ランキングNo1のMSは別格

このページではここまで1,000万円から利用することができるおすすめのヘッジファンドをランキング形式で取り上げました。そろそろこのページも終わりに近づいたので今回取り上げた1,000万円から利用ができるヘッジファンドの名前を改めて振り返ってみます。

  1. M&S
  2. BMキャピタル
  3. ヘッジファンドダイレクト

特に一番上にあるM&Sは管理人イチオシ

です。なぜならM&Sはヘッジファンド選びにおいて
最も重要な運用能力が他の2社よりも格段に高い

からです。

その裏付けとして他の3社のヘッジファンドの運用利回りはだいたい10%~20%ですが、M&Sの運用責任者はその倍近い数値をコンスタントに出しているからです。なので、もしあなたが大切な資産をヘッジファンドに増やしてもらいたいのでしたらまずはM&Sの利用を検討したいですね。

少なくとも運用能力という点に関しては今回取り上げた1,000万円から利用できる3社のヘッジファンドの中でピカイチです。1,000万円を超える大金を増やすことに興味があるのでしたら利用しない手はないヘッジファンドです。

未分類の関連記事
  • ヘッジファンドと投資信託の違いを徹底比較!おすすめはどっち?
  • 積立NISAとは?メリット・デメリットやおすすめ商品を大公開
  • ヘッジファンド証券の評判や特徴を徹底解説
  • ヘッジファンドとは何なのか?投資初心者向けに徹底解説!
  • 個人向けのおすすめヘッジファンドを大公開!
  • ヘッジファンドによるビットコイン投資の最新動向を紹介!