横浜銀行の投資信託?

全国にある地方銀行の中でも、横浜銀行は、預金額・総資産額共に1位を獲得。安定した経営で安心して利用できると、口コミでも高い評価を得ている地方銀行です。

地方銀行の中でもトップクラスの横浜銀行が取り扱っている投資信託商品は、200銘柄を超えており、豊富な銘柄の中から、投資目的に合ったファンドを選ぶことが出来ます。

横浜銀行のサイトでは、投資信託ランキングを随時更新し、最新の情報を提供しているため、今、どのファンドが人気が高く、狙い目なのかが、一目でわかるようになっています。さらに、ランキングとして掲載しているだけではなく、取り扱っているファンドのファンド概要や決算情報、基準価格チャートまで詳細に記載されていますので、投資をするかどうかの判断材料にもなり、大変参考になります。

今現在、横浜銀行の投資信託ランキングで、人気の高いファンドは、海外債権であるHSBCインドネシア債権オープン(毎月決済型)です。基準価格は7,953円。分配金は100円。毎月決済型で、高利回りであることから、人気が急上昇しています。

このように、横浜銀行の投資信託ランキングから、安定感があり、高配当が得られるファンドをすぐに見つけることが出来ます。投資信託をされる方は、ランキングで紹介されているファンドを購入するのも1つの方法です。

さらに横浜銀行では、投資信託という魅力的な商品の提供だけではなく、より魅力的な資産運用パッケージが用意されています。資産運用パッケージとは、高配当が得られる投資信託と同時にスーパー定期に預け入れをされた場合、パッケージ金利として、スーパー定期の金利に年2%または年3%を適用するという商品です。

パッケージ金利は、初回お預入時の3カ月のみ適用となりますが、お預け入れの額が多ければ、その分の利子を得ることが出来るため、口コミなどでも、注目を集めている商品です。資産運用パッケージで投資できるファンドは限定されていますが、その中には、先ほどご紹介したHSBCインドネシア債権オープン(毎月決済型)も購入可能となっています。

投資信託に不安をお持ちの方も、この機会に、横浜銀行の資産運用パッケージで、投資信託ランキングを参考にしながら投資ファンドを選択し、さらに、高い金利で資産を運用されてみてはいかがでしょうか

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %