今話題の積立NISAを徹底網羅



今回は2018年から新たに始まった積立NISAについて見ていこうと思います。

「積立NISAって何なの?」

「今までのNISAと何が違うの?」

積立NISAと聞くと、このようなことを思い浮かべる方も多くいると思います。

日本は比較的投資家の数が少ないと言われており、それは国民性として「リスク」をあまりとりたくないという心理が働くからだそうです。

そういう意味では、リスクが非常に少ない定期預金などはやはり非常に人気がありましたね。ただ今回紹介していく積立NISAも、長期的でコツコツ資産運用していくタイプの金融商品ですが、リスクが低くお得に運用できる商品なのです。

そこで今回は、そんな新しい積立NISAの特徴や従来のNISAとの違い、そして始め方やおすすめ商品について見ていこうと思います!
 

そもそも積立NISAとは?

まず初めに、そもそも積立NISAとは一体どんなものなのかについて見ていきましょう。

積立NISAとは、2018年から始まった新たな少額投資非課税制度のことをいいます。元々NISAという少額の長期投資商品をさらに積立向けに改善されたもので、収利益や分配金にかかる税金はゼロです。

そんな積立NISAは基本的に大きなリターンはあまり見込めませんが、長期的にコツコツ資産運用をしていく金融商品になります。

では従来のNISAと積立NISAでは、一体何が違うのでしょうか?

 

これまでのNISAとの違い

従来のNISAとの違いを分かりやすく表にまとめてみました。

比較項目 NISA 積立NISA
期間 最長5年間 最長20年間
制度の終了年 2023年まで 2038年まで
金額 年間120万円 年間40万円
投資対象 株・投資信託・ETF・REIT 投資信託・ETF(条件アリ)

 
まず、従来のNISAですが、期間は最長で5年間となっています。

通常、投資で得た利益には税金が発生しますが、NISAで運用しているので5年間の運用の値上がり益や配当金、分配金などにかかる税金は免除されるのです。

さらに従来のNISAは一年あたりの投資金額が最大120万円。つまり5年間最大額投資した場合は、約600万円分まで非課税で運用できることになりますね。

一方で積立NISAは、最大で20年間も非課税で運用できる制度です。一年間あたりの上限投資額は40万円と設定されているので、1か月あたり約3万円から積み立てることができるのです。

さらに積立NISAは年間40万円を20年間運用できるため、最大で800万円まで非課税で運用でき、従来のNISAと比べると200万円多く非課税で運用できることになりますね。

このように、同じNISAでもそれぞれ特色があります。では、次に積立NISAの特徴について見ていきたいと思います。

 

積立NISAの特徴と注意点

積立NISAの特徴として、投資対象が限られている点があげられます。

通常のNISAは、株式や投資信託、ETF(上場投資信託)REIT(不動産投資信託)など基本的に何でも非課税で運用できます。しかし、積立NISAでは金融庁が定める投資信託とETFに限られています。

ちなみに2018年1月24日時点で金融庁が定める投資対象商品は約125種類となります。

125種類というと多いと感じるかもしれませんが、証券会社や銀行によって扱っているものと扱っていないものがあるため、実際に選べる範囲はさらに狭くなるのです。

また、いくつかの注意点もあります。

まず、積立NISAを申し込むと通常のNISA制度は利用できません。同様にNISAで投資をする場合、積立NISAは利用できません。

2つ目に、投信を解約(売却)したとしても枠は復活しません。これは通常のNISAでもそうですが、いったん買い付けた枠は解約しても再利用はできません。

例えば、投資上限である800万円分のうち、100万円積み立てたところで解約したとします。すると、残り使える枠は700万円のみとなりますので注意が必要です。

最後に、先ほども少し触れましたが、取扱商品は金融機関によってばらつきがあります。事前に情報収集して積み立てたい投資信託を選んで、それを取り扱っている金融機関で申し込むといいでしょう。

 

知っておきたいメリット・デメリット

ここからは、積立NISAのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

3つのメリット

まずは積立NISAが持つメリットとして、「非課税で運用できる」、「少額投資を有効活用できる」、「いつでも出金可能」の3つがありますので、それぞれ見ていきましょう。

 

非課税で運用できる

1つ目のメリットは、非課税で運用できることです。先ほどの非課税については触れましたが、もう少し詳しく解説していきましょう。

通常、投資から得た利益に対しては、

一律20.315%の税金(所得税+住民税+復興特別所得税)

 
がかかります。

例えば、10万円の利益を得た場合、20,315円が税金で取られるというのは先ほどご説明した通りです。

投資信託の積立の制度自体は以前からありますが、それに非課税のメリットを足した制度だと言えますね。

ちなみに当サイトには資産運用をする際に気になる税金や確定申告日てまとめている記事もありますので、興味がある方はこちら

>>知っておきたい資産運用の税金や税金対策についてはこちら

 

少額投資を有効活用できる

二つ目のメリットは少額投資を最大限有効活用できる点。

従来のNISA制度をフル活用しようとすると、年間120万円の投資元金が必要になります。12か月で分割しても毎月10万円必要です。

毎月毎月10万円を積み立てていくのはなかなか難しいのが現状ではないでしょうか。もちろん従来のNISAで毎月1万円ずつ積み立てるのもアリだと思いますが、枠を生かしきれないのがもったいないです。

一方、積立NISAではそもそも月々の上限が3万円程度です。10万は厳しくてもなんとか3万円をねん出して20年間運用できればかなりの資産形成になるのではないでしょうか。

 

いつでも出金可能

3点目のメリットは途中でいつでも引き出せるということ。積立NISAと似た制度にiDeCoがあります

iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことですが、積立NISA同様に毎月一定金額金融承認を積み立てていく制度があります。

こちらの制度は老後の年金資金のための運用という側面が強く、積み立てた資金は60歳まで引き出せないというものになります。

一方積立NISAの場合、いつでも好きな時に引きだすことができます。

長期の資産運用を行いながらも資金が必要な時にはいつでも引き出すことができるのが、積立NISAの魅力だと言えますね。

 

2つのデメリット

続いて積立NISAが持つ「余った非課税枠は翌年に繰り越せない」「非課税機関が期限付き」という、2つのデメリットについて考えてみましょう。

 

余った非課税枠は翌年に繰り越せない

1つ目のデメリットは、余った非課税枠は翌年に繰り越せない点です。

例えば年間40万円の枠のうち、36万円しか使わなかったとします。

すると、余った4万円分は消失してしまい、翌年はまた40万円の枠が復活することになります。44万円分は使えないということです。

 

非課税機関が期限付き

2つ目のデメリットは非課税機関が期限付きであるという点です。

積立NISAは20年間の期間限定です。この期限によりデメリットが生じるケースがあります。例えば、40万円積み立てた資産が、積立NISA終了時に30万円になっていたとします。

「もうすぐ上がるから」と思って売却しなかった場合、どうなるでしょうか。この場合、積立NISA口座から課税口座に移されます。

この時、取得価格が「購入した40万円」ではなく「移管時の30万円」とみなされます。

その後、40万円まで戻った場合、本来は元に戻っただけのはずが、取得価格が30万円になっているため、10万円分に対して税金がかかってしまうのです。

さてここまで、積立NISAの特徴やメリット・デメリットについて紹介してきました。

次では、実際に積立NISAの始め方や申し込み方法について見ていこうと思います!

 

申し込み方法や始め方を大紹介

今回は、SBI証券を例に積立NISAの始め方を見ていきましょう。

まず、準備するものは本人確認書類(運転免許証など)とマイナンバー通知書です。マイナンバーカードをお持ちの方はそれ一つで大丈夫です。

まず、SBI証券のサイトから「口座開設」を行います。口座開設の画面に行くと本人確認証の登録や、個人情報を入力します。

そうすると、「積立NISAを申し込む/NISAを申し込む/申し込まない」という欄がありますので、一番上の「積立NISAに申し込む」にチェックを入れるだけです。

あとは流れに沿って入力が完了すると、自宅に簡易書留が届きます。それを受け取ったら取引できるようになります。

 

おすすめ商品や銘柄をランキング

ここからはオススメのファンドをご紹介していきます。日本株式、先進国株式、新興国株式の3つのジャンルに分けて、ご紹介します。

 

日本株式ランキング第1位

まず日本株式からは「ひふみプラス」を挙げさせていただきます。

こちらはレオスキャピタルワークスという運用会社が運用している投資信託で、主に国内の中小型株に投資をするファンドです。

投資に馴染みのない方は聞いたことないかもしれませんが、現在投資をやっている人なら知らない人はいないくらいの知名度を誇っています。

一年ほど前に「ガイアの夜明け」という番組で等ファンドのファンドマネジャーが特集され、以降人気に火がつきました。

資産流入ランキング(買われてる投資信託ランキング)でも度々1位になっています。
パフォーマンスに関しても、他のファンドと比較し良好な数字を残しています。

 

先進国株式ランキング第1位

先進国株式からは、楽天・全世界株式インデックス・ファンドをご紹介します。

全世界株式ファンドに似た名前の投資信託はたくさんありますが、このファンドの最大の強みはおそらく最も低い手数料水準ではないでしょうか?

信託報酬が0.2396%となっているのですが、他社の全世界株式型のものだと、0.5%台のファンドもあります。
仮に同じものに投資をしているとしたら、手数料が低い分だけ儲けが増えるというわけです。
このファンドは2017年の10月に設定された新しいファンドですが、積立nisaが始まるのを見据えて、低コストのものを「わざわざ」作ったように思えます。
言い換えば、積立NISAのためのファンドといえます。

 

新興国株式ランキング第1位

最後に新興国株式からは、iFree新興国株式インデックスです。

新興国とはいえ、世界全体の経済成長に投資するという観点から選びたいと思います。

例えば、人口が増加し続けている中国とインドではそれに伴って経済も大きく拡大傾向にあります。一人あたりのGDPも右肩上がりでまだまだ余力があり、今後も堅調に経済が発展していくことが見込まれます。

いうなれば、戦後の高度経済成長期の日本と似た状態です。新興国の発展はこれからの世界経済の起爆剤的な役割を担っていくでしょう。

その中でもある程度規模が大きく、信託報酬が低いファンドから選んだ結果、こちらのファンドを紹介させていただきました。

 

まとめと今後

さて、ここまで積立NISAについて概要をご説明してまいりました。毎月約3万円ずつ非課税で運用することができる制度です。

例えば、今ご紹介した、日本株、先進国株、新興国株のファンドにそれぞれ1万円ずつ積み立てていくのもいいでしょう。

あるいは、日本の将来に期待を込めて日本株一本で積み立てるのもアリだと思います。まずは、金融機関で口座を作るところからです。

20年後のやりたいことを思い浮かべつつ、初めての資産運用を楽しんでください。

ファンドランキング
順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 ヘッジファンド証券 3.81%