総合ランキング

筆者のリサーチによる、総合的に優れている投資信託をランキングでご紹介します。

1位  証券ジャパン日本株オープン

・特 徴・

主としてDIAM日本株オープン・マザーファンドへの投資を通じ、国内の上場銘柄を投資対象として、中長期で信託財産の成長をはかることを目標として積極的な運用を行います。

2位  SBI-小型成長株ファンド ジェイクール

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETfiR001Control/WPLETfiR001Idtl11/DefaultAID?fund_sec_code=18931105C

・特 徴・

主要投資対象は、国内の中小型株が中心で、ファミリーファンド方式で運用。

新規株式公開後3年以内の企業のうち、新たに成長が見込めるものにに積極投資を行う。徹底した企業の個別直接面談調査・分析(ボトムアップ調査)を行い、銘柄数を限定し且つ一度に組入れずに徐々に投資をする等の慎重な分散投資が特徴。

3位  ソフトバンク&SBIグループ株式ファンド

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETfiR001Control/WPLETfiR001Idtl11/DefaultAID?fund_sec_code=18931105A

・特 徴・

日本の証券取引所に上場されているソフトバンク株式会社及びSBIグループ関連企業の株式にファミリーファンド方式で投資を行い、信託財産の成長をめざす。

4位  JPMザ・ジャパン

詳細はこちら

・特 徴・

日本の株式を実質的な主要投資対象とし、利益成長性が高く、株主を重視した経営を行っており、これらの状況を市場が株価に織り込んでいない企業に積極投資を行います。

5位  JPM・E-フロンティア・オープン

詳細はこちら

・特 徴・

日本の株式を主要投資対象とし、企業の成長性に着目し、株価水準が割安と判断される銘柄を中心に、日本経済の構造変化の中で最も活躍が期待できる企業群に投資します。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %