国内ヘッジファンドの特徴

国内で資産家というほど資産を保有していないという人は、自分にはヘッジファンドなど無縁のものだと思っているのではないでしょうか?

しかしヘッジファンドは意外にも一般人にも手の届くものがあり、国内で販売されているものもあります。

ヘッジファンドを買うにはどうすればいいのでしょうか。まずは、国内で販売されているヘッジファンドの特徴を見てみましょう。

利回りが高い

ヘッジファンドは成功報酬となっており、「絶対収益」をうたっています。運用実績によって運用しているマネージャーの報酬も変わるようになっています。これは一般的な投資信託などとは大きくちがうところです。手数料がそのように設定されているのは、それだけ結果に自信があり実績も出しているからです。

海外ヘッジファンドと比べても運用結果の差はない

ヘッジファンドは国内で販売することができないため、国内で販売されているヘッジファンドは海外のものとは少しちがう仕組みのものになっています。

それはヘッジファンドとの連動を目指して運用されるものです。そのため、本来のヘッジファンドに比べるとリターンは少ないと言われています。しかし、直接契約する場合は、あなたにとって中間の代理店(証券会社など)がいないので、手数料はそんなに変わりませんし、運用成果もダイレクトに得ることができます。

いずれにせよ一般的な投資信託よりは高いリターンが期待できます。

海外ヘッジファンドに比べると買いやすい

海外で販売されているヘッジファンドは莫大な資産が必要なものが多いですが、日本で販売されているものの中にはそこまで高くないものも多く、一般的な個人投資家でも手の届くものが多いです。

契約にいたるすべてが、当然といえば当然ですが、日本語で行われますので、その点が最も安心で安全といえます。

海外ヘッジファンド

国内ではなく海外のヘッジファンドを購入したい、という方もいるかもしれません。海外のヘッジファンドを買うには、直接ヘッジファンドと交渉するか国内の代理店を通して購入することになります。

興味のあるヘッジファンドがあれば、そこの運用会社に連絡をとってみて、そこから代理店を紹介してもらうという方法もあります。

またはみずほ銀行が親会社となっているユーリカヘッジという調査会社のサイトに登録してみることも一つです。(有料)

シンガポールに籍があり、世界中の投資家にむけて公正明大なファンドの結果を「英語で」公表しています。英語に自信があるのなら、機関投資家がそうするようにあなたも直接データベースにアクセスして、優良ファンドを探してみてもよいでしょう。

ちなみに海外のヘッジファンドにも、安く購入できるものがあります。

例えば「マン・インベストメンツ」が販売するものには、2万豪ドル程度の商品がありますし、「キャッスルストーン・アセット・マネジメント」が販売する商品には、1万米ドル程度のものがあります。この程度ならば一般人でも手を出すことができます。(最近は成績がよくないです)

投資初心者にはハードルの高いと思われがちなヘッジファンドですが、一般的にイメージされているほどはじめにくいものでもないことが分かったかと思います。

ある程度知識のある投資家の方は、ヘッジファンドもポートフォリオに組み入れてみることを考えてみてはいかがでしょうか。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %