意外と身近なファンド

「ヘッジファンドは投資先として魅力的なの?」

「ヘッジファンドに投資をするにはどうすればよいのか?」

こんなことは気になりますよね。多くの個人投資家にとって、ヘッジファンドは富裕層が利用するもので身近ではないイメージだと思います。しかし最近ではそうでもないのです。

現にこれまで一般的な投資信託などを利用していた個人投資家の中に、「オルタナティブ投資」をはじめる人が増えてきました。このオルタナティブ投資とは、株や債券などの伝統的な資産運用以外のもの、例えば不動産やコモディティ、ベンチャーキャピタル、そしてヘッジファンドを投資対象とする運用戦略です。

こうした傾向から、富裕層以外の人たちにとってもヘッジファンドは身近なものになりつつあるのです。

具体的な投資方法の紹介

それにこれまではヘッジファンドは数千万円から数億円といった莫大な資金がなければ手に届かない存在でしたが、最近はヘッジファンドを組み入れた投資信託なども販売されるようになり、大きな元手がなくても利用することは不可能ではなくなったのです。

そこでこれまでヘッジファンド商品を購入した人がなかった人であってもヘッジファンドへの投資を考えてみる価値はあるかと思います。そのためにも今回のページではヘッジファンドがどんな機関であるかを知っているという前提でヘッジファンドへの投資方法について紹介していきます。

なお、ヘッジファンドの実態がいまひとつ分からないのでしたら、まずはこちらのページに目を通した方が良いかもしれません。

ヘッジファンドの特徴と投資手法とは?

さて話を戻します。それではヘッジファンドに投資するための主な2種類の方法についてこれから見ていきます。

投資は証券会社経由でも直接契約も可能

ヘッジファンドは長い間富裕層や機関投資家にしか門戸を開いていませんでした。

そのため閉鎖的であり、一般的に内部の情報やどうやって利用できるのかあまり知られておらず、一般に広がりつつある現在でも情報は少ないです。

それでも一部の証券会社がヘッジファンドに連動して利益をあげるファンドを販売するようになりました。このように証券会社経由で投資ができるのは個人投資家にとっては嬉しいですが、証券会社を介する場合は純粋な意味ではヘッジファンドに投資していることにはなりません。

証券会社経由の実情と課題

そもそもの話なりますが、本来ヘッジファンドは金融庁の登録要件から外れているため、日本国内では、そのままの形で他者(証券会社等)が販売することが認められていません。(ヘッジファンドが自己募集する分には認められています。)

その結果国内で販売されているヘッジファンド商品は、法律に則って、証券会社等が扱えるような形に組み替えられているのです。こういった背景があるので日本で販売されているヘッジファンド商品は本来のヘッジファンド商品とは少し異なります。

もしもあなたが本物のヘッジファンド商品を購入したいのであれば、国内の証券会社経由で購入するのは控えた方が良いでしょう。

本物のヘッジファンド商品の買い方

本物のヘッジファンド商品は海外の銀行・証券会社に口座を開設し、そこから購入することができます。もしくは日本に支社のあるプライベートバンクを利用するという手もあります。

それにヘッジファンドに直接連絡をして金融機関を通さずに投資するという選択肢もあります。直接投資する場合、金融機関に支払う手数料を節約できるので個人的にはこれを推奨します。どうしても海外の銀行や証券会社経由で投資するとなると手続きが面倒なことがありますし・・・

いずれにせよ、あなたが住んでいる地域が国内であろうが国外であろうがヘッジファンドに投資する方法はいくつもあるのです。

ただしヘッジファンドに投資するには多額の資産が必要になるため、全員が投資できるわけではないのです。もしあなたの投資予算が限られているのでしたらヘッジファンドを組み入れた投資信託を購入するのが良いでしょう。

その一方であなたの資産が1億や、1億とはいかなくとも5000万以上あるのであれば、直接契約を考えてみるとよいでしょう。優秀なヘッジファンドと直接契約すれば年間で15%~20%くらいの利回りの実現が期待できます。

年利15%~20%という利回りが期待できるのがヘッジファンド投資の最大の持ち味です。ちなみに当サイトで最も人気があるM&Sの最低投資額は1,000万円となっているので数千万円クラスの資産があるのでしたら十分に手が届きます。

このM&Sの運用成績と公式サイトにつきましてはこちらのページでご紹介しておりますのでよろしければどうぞ。

運用成績や公式サイトはこちらから

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %