投資信託のリスクとリターンを整理してみましょう

投資信託といっても投資ですから当然ながらリスクとリターンが存在します。

ただし、その投資信託がどのような運用手法を用いるかによってリスクや、リターンの度合いも変わってきます。

例えば公社債などの債券を中心に運用する投資信託であれば比較的リスクは小さいといえます。一方で国内海外の株式等を中心に運用するものであればリスクは大きくなります。そのかわりリターンが大きく取れるといえるでしょう。

このように投資信託のリスクとリターンというものが、ここで述べたような運用手法の関係性によって変わってきます。

では、ここで具体的な投資信託のリスクとリターンについて説明することにしましょう。

投資信託のリターン。

投資信託のリターンですが通常、債券や、MMFのようなものを除けば、リターンは「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の2つからなると言われます。

・インカムゲイン

主に分配金  (毎月半年などの運用成果が還元されるもの)

・キャピタルゲイン

売却益 = 売却価額-購入価額

償還後の差益 = 償還価額-購入価額

投資信託のリスク

投資信託のリスクは国債や公社債投資信託を除けば、基本的にその投資信託が持つ、基準価額が変動する価額変動リスクが挙げられます。

・価額変動リスク

ファンドの基準価額が上下に動くこと

ファンドが持つ固有のリスク(投資対象に原因が生じるリスク)要因

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %