高配当の投資信託ランキング

ここ最近、ネット証券の週刊買付ランキングや高配当投資信託ランキングの中で、常に上位にランクインしているのが、「REIT(リート)ファンド」です。

「REIT(リート)ファンド」とは、不動産投資信託(REIT)を投資対象としている投資信託のことで、株と同じように証券会社を通して取引できる商品です。

多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する仕組みになっています。

「REIT(リート)」とういう仕組みは、アメリカで生まれたものであり、日本では、「J-REIT」と呼ばれています。

その「J-REIT」は、利益の90%超を投資家に分配することで、分配額に対する法人税が免除されるため、多くの「J-REIT」は、ほとんどの利益を分配しています。その結果、高配当を得ることができるのです。

また、不動産から得られる家賃収入等を主な収益源としているため、株価ほど大きな変動がなく、安定した収益を得ることが出来ます。

「J-REIT」なら、確実に安定した収益、そして高配当が得られるため、多くの投資家から注目の的となっており、「J-REIT」の運用実績も、ここ数年で、大幅に上昇しています。

堅調な運用実績のある日本株や国債REITと比較しても、上昇幅は大きく、投資信託の中でも、「J-REIT」は、確実に定着しつつあるのです。

人気の高い「J-REIT」の中でも、毎月分配される、毎月分配型ファンドが高い人気を集めており、ランキングの上位をほぼ独占しています。毎月分配型ファンドの中には、高配当が得られるものも多く、「J-REIT」の毎月分配型が、特に根強い人気を誇っています。

その他、高利回りの海外「REIT」に投資するファンドや、通貨選択型のファンドは、毎月分配型の定番となっており、売れ筋として、常に上位にランクインされています。

分配金の高さや利回りだけでファンドを選ぶのは危険

投資信託ランキングは、投資信託を選ぶ際の目安となり、とても参考になりますが、毎月分配型の魅力である、毎月の分配金の高さや分配金の利回りだけで、ファンドを選ぶのは禁物です。

高利回り月々の分配額が100円を上回るものほど、分配余裕月数が短い傾向にあります。そのようなファンドは、実力以上の分配を行っており、基準価格が低いファンドが多く、いつのまにか分配金が減額される、といったケースにつながる可能性が非常に高いのです。

投資信託の中でも、毎月分配型のファンドを選ぶ際は、ファンドの運用収益に見合うだけの分配金なのかどうか、分配金を安定的に払い続けられるかどうかを見極めることが大切です。目の前の分配金に捉われず、分配余裕月数が長いファンドを選ぶと良いでしょう。

ファンドの運用収益に見合う分配金支払っているかどうかを確認する方法は、それぞれの投資信託の運用報告書にあります。

投資信託の運用報告書には、投資判断をより正確にしていくたの様々な情報が載っています。直近の運用状況を見る方は多いのですが、できれば細かなところまでよく見ていきましょう。

基準価格の推移欄を見て頂くと、自分の投資した元本の推移が確認できます。

その投資信託に取って無理な分配が続いているのなら、基準価格は下がっていっているか、本来上昇する環境があっても横ばいに推移している状況になっているはずです。

また、その他に分配金の内訳を載せているレポートを発行している投資信託なら、中身をしっかり確認しましょう。

例えば、残高1兆円を越える人気ファンドのラサール・グローバルREITファンドでは、運用報告書で「当期の収益」と「当期の収益以外」という形で分配金の内訳が載っています。

この部分を確認すると、支払われた分配金が利益から出ているのか、元本を切り崩す形で出ているのかが分かります。

分配金が元本から支払われているからと言って、その投資信託がだめな投資信託であるとは単純に言えませんが、長期的に元本を切り崩す状態で無理な分配金を支払っている投資信託は、保有している投資家を軽視し、これから保有を考える投資家向けに分配金利回りが魅力的に映るように飾っている投資信託とは言えるでしょう。

タコ足の配当を受け取りたいというニーズは無いので、あまり細かいところまでチェックしない投資家を引き込もうとする意図を感じます。

しっかりとした知識を持つ方が騙されることはありませんが、見るべきポイントを知らない投資家は非常に騙され易いポイントなので、気をつけるようにしてください。

その後の分配金の減少に繋がる部分でもありますし、安定感にも直結するところなので、運用報告書を正しい目で分析するようにしましょう。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %