大手会社の投資信託は買いか?

野村證券や、 日興コーディアルといった大手有名証券会社からの投資信託は買っておくべきなのでしょうか?

投資信託をなんとなく購入する方々は大手だからという理由でその会社の投資信託を買われる方は多いと思われます。

管理人的には、この『大手』という言葉がトリックでだと思っており、結論として大手の投資信託は、成績的に『上がらないことが多い』と思ってます。

なぜ、そういう結論なのか?

その裏付けとなる代表例が、野村證券の「ノムラ日本株戦略ファンド」です。

このファンドですが、設定時期が良くなかったのもありまして、他のファンドも一斉に成績を落としたのですが、これらのファンドと比べても、この野村のファンドはそれを下回る成績でした。

理由としましては、この野村のファンドは設定前から話題を呼んでおり、このファンドの買いをあてに、先回り資金が多く入っていたからです。

後になって分かったことなのですが、こういった資金の先回り現象は、国内だけでなく、海外でも有名なファンドであればよく起こってしまうようです。

ジョージソロスの運営する『クウォンタムファンド』は、ポンド売りで一躍有名になりましたが、その後の運用成績はぱっとしませんでした。

結論になりますが、市場で有名になると、多くの投資家が注目するため、パフォーマンスが落ちるということです。

したがって、大手の有名なファンドには手を出さないほうが良いと、管理人は考えます。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %