投資信託の投資としてのメリットは?

完璧確実な投資などこの世にも存在しません。

リスクとは不確定であるものと理解するべきです。

しかし、資本主義の現代社会において、投資による利益を追求しないことは全く持って勿体ない話でもあります。

今回は、投資の入り口として投資信託を考える上でのメリットをご説明します。

まず、少額で分散投資が可能な点です。投資信託は、数千円から高くても数万円で買い付け可能です。お試しで買ってみることは、お小遣いの範囲でも可能なくらい少額から始めることが出来ます。さらに、少額でも数十銘柄の分散も可能となっております。

投資信託は、幅広い投資家から資金を調達し一括して運用しますので、それが可能なのです。

例えば、どこか一つの有望だと思った銘柄を買い付けたとしましょう。それが、何か悪いニュースが出て暴落してしまった場合、大きな損失を被ってしまいますが、有望と思われる銘柄を数十保有していたとしたら、同時に悪いニュースが出る確率は非常に低いため、運用が安定します。

しかし、それを個人でやろうとすると、資金は数百万円以上必要となります。

少額で分散投資をできることは、運用成績を安定させることに寄与するため、投資信託の大きなメリットです。

さらに、実績のあるプロのファンドマネージャーが運用する点もメリットとなります。各ファンドの中には、運用するファンドマネージャーの実力を前面に押し出して販売されている物があります。

しかもそれがよく人気になるのです。

それくらい運用する人の実力はそのまま投資成果に現れるわけです。

ある国自体の先行きは良いと思っていて投資を考えても、それを個別銘柄に落とし込んでいく作業は、非常に難しく時間もかかります。

それが投資信託の場合は、現地にいるファンドマネージャーだったり、その投資法で既に実績のあるファンドマネージャーが運用してくれます。

自分で運用していくことを実際に想像してみると、このメリットの大きさは想像に難くないでしょう。

さらに、銘柄入れ替えも投資信託は常に流動的に行ってくれます。

どんな銘柄も騰がり続けることはありません。

いつか売らないといけないのですが、そのタイミングはなかなか難しいものです。

さらに売った資金の振り分けにも悩みます。

それが投資信託の場合は、プロが付きっきりで管理をしてくれますので、急な悪材料で急落している時や買った銘柄が大きく値上がりした時でも冷静に判断してくれますので、自分の損益で慌ててしまって判断を誤ることが少なくなることも期待出ます。

以上の点はメリットとして代表的なものです。正し、どの投資信託も優秀かと言うとそうではありません。

投資信託の買い付けを考えた際は、中身をよく吟味して、信頼できるファンドかどうかの判断は自分の責任において行うことは十分理解して、いくつかのファンドを比較した上で、買い付け銘柄は選ぶべきでしょう。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %