投資信託のメリットを再認識してみよう

投資といえば一般的に株式投資をイメージする方が多いでしょう。

ただ株式投資は、ある程度の資金がないとそれなりに株式を購入することはできません。

そして、購入したあとは、その企業が倒産などした場合、その株式は意味のないものになってしまいます。

よって資金量が必要でありながら、リスクもそれなりにあるということが言えます。

しかし、投資信託は多くの投資家から多大な資金を集め、その多大な資金を株式や債券などに投資するという手法をとります。

こうすることで先ほど述べた投資のリスクも少なくすることが可能になるわけですね。

更に、どういった株式や、債券に投資をしたらうまく収益を上げることができるのか?その肝心な運用部分もファンドマネージャーと呼ばれるプロが行ってくれます。要するに投資信託は少額の投資金でも大きな資金の投資を行なえ、たくさんの投資対象に分散投資ができ、かつ投資のプロがサービスを行ってくるという仕組みです。

では、ここで投資信託のメリットを箇条書きで説明しましょう。

投資信託は最小限の資金(一万円)から購入できます。

投資信託は個人レベルでは1万円から購入ができ、かつ購入した先の投資先が複数の投資対象への分散投資なので非常に安全性が高いです。

基本的に運用はプロが行ってくれるため、知識はほとんど必要がない

投資についてしっかり知ろうとすると、それは本当に難しい話なります。

ただし投資信託は、基本プロが運用を行ってくれるため、投資する人間は最小限の知識さえあれば投資を行うことが可能なのです。

ただし、投資信託にもデメリットが存在します。

コストがかかる(最大のデメリット)

購入時に販売手数料、預けている間に信託報酬、解約したら信託財産留保額。

投資信託は金融商品ですので、商品である限り手数料などがかかります。

運用結果がよければ、かかったコスト以上にリターンはとれますが、そうでない場合も当然ながらあります。

元本割れの可能性がある

投資信託は投資である以上、運用成績よっては元本割れの可能性があります。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %