国内運用会社ランキング

ここでは、筆者が独自のリサーチで選別した、優秀な投信運用会社をランキングでご紹介します。

判断基準としては、投資信託運用会社が提供するウェブサイトの情報案内の分かりやすさや、扱うファンド情報の主要な情報の参照のしやすさ、又、個人投資家など多様なユーザー層に対して、自社ファンドの特色や運用方針、定期的な運用経過報告などの情報の内容を独自に精査した結果になっております。

投資信託の構造とは?

またここで運用会社のランキングを語るに際して、投資信託にまつわる構造について触れておかなければなりません。

投資信託は、銀行や証券会社の営業マンが必至になって、個人投資家から資金をあつめ、資産運用会社に委託をします。

営業マンから投資信託を勧められると、さも、その会社があなたの資産を運用するように思いがちですが、日本の投資信託の運用先はほとんど外資系の資産運用会社になります。

本部は主にアメリカにあって、見たこともない会社に大事な資産を預けることになります。

そのような想像をすることなく安易に資金を預ける前に、国内でも優秀な資産運用会社は存在していますので、問い合わせなどされるのもいいでしょう。

大手運用会社VS国内のヘッジファンド~二種類のランキングを比較する~

これから2種類の運用会社のランキング表を紹介します。まず最初に紹介するのは国内のヘッジファンドのランキング表で、次に取り上げるのは大手の運用会社のランキング表です。

順位

会社名

URL

1

M&S 詳細

2

BMキャピタル 詳細

3

レッドキャピタル 詳細

4

フィノウェイブ・インベストメンツ 詳細

5

モントレー・キャピタル・マネジメント 詳細

 
 

順位

会社名

URL

1

三菱UFJ投信 http://www.am.mufg.jp/

2

みずほ投信投資顧問 www.mizuho-am.co.jp

3

大和証券投資信託委託 http://www.daiwa-am.co.jp/

4

ニッセイアセットマネジメント http://www.nam.co.jp/

5

三井住友トラスト・アセットマネジメント http://www.smtam.jp/

6

三井住友アセットマネジメント http://www.smam-jp.com/

7

大和住銀投信投資顧問 http://www.daiwasbi.co.jp/

8

日興アセットマネジメント http://www.nikkoam.com/

9

T&Dアセットマネジメント http://www.tdasset.co.jp/

10

ピクテ投信投資顧問 http://www.pictet.co.jp/

 

ランキングに並ぶ運用会社たちはどれも代表者は若く、素晴らしい経歴を積んだスペシャリストばかりです。

彼らのようなヘッジファンド(運用会社)は自社の商品を代理店や販売員を通さず直接販売していますので、結果的にコストが安く投資ができるというメリットがあります。

その一方で大手が目立つのは広告予算が莫大だからです。

大手の資産運用会社はネームバリューを利用して、莫大な数の個人投資家に投資信託を販売したその手数料から、宣伝広告費を捻出して派手にPRします。結果的にそのしわ寄せは投資家の資金に集中します。

資金を増やしてほしくて預けるのに、その前段階でいろんな諸経費が引かれていく、良いも悪いもなく、これが投資信託の現実です。

米国では個人一人ひとりが金融の教育を受ける機会に恵まれ、知識も豊富になるので、非常にフェアな形で金融商品と向き合います。

しかし日本ではCMや広告に騙され、大手の看板を簡単に信用して中身がはっきりわかっていない投資信託を購入し、結果資産運用自体も失敗している人が後を絶ちません。

そのようなことにならないように、国内にも存在する運用会社主催のセミナーに出席したり、あるいは直接問い合わせするなどして、金融の知識を高める努力をしましょう。

知る人ぞする若手のヘッジファンド

ランキングにもあるM&Sの代表は、シンガポールや香港などアジアの金融の中心地では非常に有名なファンドマネージャーです。

2013年は預かり資産を一年で倍に増やしており、これが世界的権利のファンド格付け会社から表彰を受けたことで、一気に知名度が高まりました。日本では無名ですが、英語でかかれた金融系のサイトで彼は何度も優秀なファンドマネジャーとして紹介されております。

またBMキャピタルのファンドマネージャーは、東京大学を卒業し、外資系投資銀行で実務を経験した金融エリートです。抜群の企業分析で日本株を主体にした運用で毎年二桁の運用益を出しております。

彼に率いられたBMキャピタルもまた大手の資産運用会社よりも高いパフォーマンスを出しています。

レッドキャピタルは、国際為替を投資対象としていますが、毎月の分配金は投資額の3%程度であり、これをなんと3年以上も続けています。

高度にプログラミングされたシステム売買を得意としており、ハイテクベンチャーファンドといっても過言ではありません。こちらも先ほど紹介したM&SとBMキャピタルと同様に年金基金など海外の機関投資家連中から熱視線を送られています。

もちろん、投資家にとってはベンチャーゆえの不安もあるかとは思います。

ここで大切になってくるのは大手の投資信託を利用するにせよ、若手の資産運用会社を利用するにせよ、自分で納得いくまで調べるという学ぶ姿勢です。そのためにも気になる投資信託や資産運用会社があったら資料を請求したり、実際に担当者の話を聞いてみることをおすすめします。

大切な資産ですのできちんと情報を調べて納得をしてから投資をするかしないかを判断するのが一番なので事前のリサーチは非常に大切になります。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %