ヘッジファンドのリスクと投資における期待損益

ヘッジファンドに投資をするとどんなリスクがあるのか気になりますよね。

特にヘッジファンドに投資をした際の損失リスクはどの程度であり、本当にそのリスクを冒す価値があるのか否かなんて気になると思います。

実は誰もが気になるヘッジファンドに投資をした際のリスクですが、自分で株やFXに取り組むことよりは格段に低いです。「株やFXよりもリスクが低い」ということを聞くと「それはそうだ」とあなたは思うかも知れませんし、「ありえない」と思うかも知れません。

そこで今回はヘッジファンドに投資をすることにはどんなリスクがあり、そのリスクを冒す価値があるのか。そしてヘッジファンドに投資をするとどんなリターンがあるのか、リスクリターン的に割に合うのかどうかについて考えていこうと思います。

ヘッジファンド投資の主なリスク一覧

ヘッジファンドに投資する際のリスクが気になるあなたのためにヘッジファンド投資で考えられる5種類のリスクを一覧にしてみました。

リスクの種類 リスクの概要
倒産リスク ファンドが倒産する
損失リスク ファンドが減益を出す
流動リスク 現金化ができないリスク
逃亡リスク ファンドが夜逃げするリスク
継続性のリスク 安定的に利益を出せるか否か

ここで取り上げたそれぞれのリスクの詳細については上から順番に見ていこうと思います。

倒産リスクの詳細と大きさ

まず一番最初に紹介するのはヘッジファンドが倒産するという倒産リスクです。ヘッジファンドと呼ばれる会社の実態は資産運用会社である以上、運用に失敗をして巨額の損失を出せば会社が倒産するリスクがあるのは事実です。

ですがこの胴元の倒産リスクに関しては株式投資であろうとFXであろうと投資信託であろうとあります。それに国内の多くのヘッジファンドの内部には金融工学に精通した投資関連のリスク管理のプロが多数在籍しています。

彼等が緻密にリスク計算をするおかげで、国内のヘッジファンドの多くは為替相場や世界経済がどのように動いても致命的な損失が出ないリスク分散を徹底できております。倒産リスクがゼロではないのは事実ですが、金融のプロがリスク管理を徹底している以上、ヘッジファンドの倒産リスクは限りなく低いと言えます。

それにどうしてもヘッジファンドの倒産リスクが怖いのでしたら倒産する要素が限りなくゼロに近いヘッジファンドを選ぶという選択肢もあります。

損失の発生確率とその大きさ

次に紹介するヘッジファンド投資のリスクはヘッジファンド投資における損失リスクです。

実はこの損失リスクに関してはゼロではありません。基本的にどのヘッジファンドも投資家から集めたお金を複数のリスクマネーに変換する以上、保有しているリスクマネーの値動き次第では損失が発生することがあります。

ですが、ここでポイントになるのは「複数のリスクマネーに換える」ので大きな損失が発生しにくいことです。

どういうことかというとヘッジファンド各社は投資家から預かったお金を株・外貨・金・不動産といった異なる資産に配分します。その結果としてどれか特定のリスクマネーが大きく値下がりを起こしたとしてもトータルの損失額は最小限になります。

要するにヘッジファンド投資には損失リスクがゼロではないにせよ、大幅な損失が発生することは基本的に考えられないのです。誰もがびくびくする損失リスクに関してはヘッジファンド投資はそこまで気にしなくてよいと言えるでしょう。

流動性の課題とその深刻性

3つ目のヘッジファンド投資のリスクは流動性です。

そもそも流動性とは何かというと投資した資金を現金にできるかということです。この「現金化できるかどうか」という点においてヘッジファンド投資は可もなく不可もなくといったことになります。

まず不可もなくという点に目を向けるとヘッジファンドは解約しようと思えば、いつでも解約申請をすることができます。正式に解約申請を行い、解約申請が認められれば解約ルールに基づいた期日にヘッジファンドの運用益を受け取ることができます。

この現金化を拒否されることはないという点を考えると流動性は低くないと言えるでしょう。

ただしです。

多くのヘッジファンドは解約ルールを決めつけており、「解約日は解約申請後の45日や決算前後の○○日は解約ができない」といった制約がよく見受けられます。現金化する際にはヘッジファンド側が設けたルールを守らなくてはいけない以上、現金化のスピードに関しては課題はあります。

まとめるとヘッジファンド投資は現金化はほぼ確実にできますが、現金化には時間がかかるというデメリットがあります。総論としては流動性リスクは高いとは言えませんが、決して低くはないというのが実情だと言えるでしょう。

継続性の不安

4つ目のリスクというのは継続的に利益を上げられるかという継続性に対するリスクです。

そもそも「継続性に対するリスク」とは何かという時代環境とか経済情勢によらず安定的な成果を見込めるかという点です。「継続性に対するリスク」が低いヘッジファンドは例え世界経済の動向が悪くても安定した結果を出せますが、「継続性のリスク」が高いファンドは期待通りの結果は見込めません。

実はこの「継続性に対するリスク」の大きさに関しては各ファンドでバラバラ。なぜならヘッジファンドの成績というのはファンド運用の責任を負うファンドマネージャーの腕次第であり、優秀なマネージャーの場合は不況でも結果を出せますが、そうではないマネジャーには期待できません。

つまり、優秀なファンドマネージャーがいるヘッジファンドを選べば「継続性のリスク」は低いですが、その逆のファンドを選べば高くなります。

そこでもしあなたがヘッジファンドの継続性に対して気になるのでしたら優秀なファンドマネージャーが率いるファンドを利用するのが良いでしょう。

持ち逃げの危険性

5つ目に紹介するリスクはファンドの持ち逃げリスクです。

そもそも「持ち逃げ」とは何かというと投資家から集めたお金を運用せずに自分の口座に移して海外に逃げる。または運用の結果発生した運用益を投資家に還元せずに投資家が夜逃げする。

なんてことが該当します。この「持ち逃げ」リスクに関してはどのヘッジファンドもゼロではありませんが、国内のヘッジファンドでしたら気にしなくて済みます。

なぜなら仮に投資した国内ファンドが投資家のお金を持ち逃げした場合、訴訟をすれば確実に勝てますし、投資詐欺として被害届を警察に出せるからです。何かあっても公的な機関があなたの味方になってくれるので、持ち逃げ被害に遭っても泣き寝入りせずに済みます

たまにニュースなどでクローズアップされる「ファンドの持ち逃げ」が怖いのでしたら国内ファンドを選んで投資をすればよいのです。

リスクヘッジとリスク管理はばっちり

さてここまでヘッジファンド投資でよく見受けられる5つのリスクについて見てきました。改めてここまで見てきた5種類のリスクの名前とそれぞれの詳細について振り返ってみようと思います。

リスクの概要 リスクの種類
倒産リスク ファンドが倒産する
損失リスク ファンドが減益を出す
流動リスク 現金化ができないリスク
逃亡リスク ファンドが夜逃げするリスク
継続性のリスク 安定的に利益を出せるか否か

さてこの5つのリスクに対して国内のヘッジファンド各社はどのような対応をしているのでしょうか?

実は国内のヘッジファンド各社が実施しているリスク管理の鍵となるのが「現実的な運用目標」と「ヘッジ取引」です。それぞれの詳細について上から順番にこれから見ていきます。

現実的な運用目標

まず最初に紹介する国内のヘッジファンドのリスク管理手法は運用目標を現実的なものにすることです。投資の世界では高い利回りを求めるとそれだけ大きなリスクを冒すことになる以上、リスク管理を行う際には狙うリターンを適正なものにすることが欠かせません。

この点国内のヘッジファンドの場合、世界各国のヘッジファンド業界の中では地味な水準である年利15%程度を目標にすることが多いです。必達目標をヘッジファンド業界の中では消極的な水準に定めるために不用意なリスクを冒さずに済む以上、各種のリスクの大きさを小さく抑えております。

しかも年利15%というのは必達目標である以上、手堅く15%を達成しながらも結果として年利が20%を超えることも少なくありません。海外のヘッジファンドと違い、国内のファンドは投資家の注目を集めるために過剰な目標を掲げることが少ないという点は見逃せません。

ヘッジ取引

次に紹介する国内のヘッジファンド各社が実施するリスク管理手法はヘッジ取引の実施です。

そもそもこのヘッジ取引というのは何かというと相場が逆に動いた時に対応をするリスクヘッジ用の取引のことです。

例えば値上がりを見込んで外貨を買う場合、万が一の大幅な下落リスクを考慮してあらかじめ特定の金額で売るための権利を買うことがあげられます。これを行うことにより相場が予想外の動きをしてもあらかじめ準備したリスクヘッジ取引によって損失を補てんできるのです。

国内の優秀なヘッジファンドはこのヘッジ取引を多用するので、構造的に多額の損失が発生することがないような仕組みになっているのです。ヘッジファンド投資で怖い大幅な損失リスクや胴元であるファンドの倒産リスクが気になるのでしたらヘッジ取引に力を入れているファンドを選ぶのが良いでしょう。

購入時の期待利回りはどの程度か?

ここまでヘッジファンド投資のリスクの種類やリスクの大きさについて見てきました。そこでここからは逆にこれまで紹介するリスクを許容する価値があるかどうかを考えるためにヘッジファンド投資の期待リターンについて見ていこうと思います。

期待リターンは年2割前後

こちらの見出しにあるように優秀なヘッジファンドに投資をした際に見込まれる期待リターンは年利2割前後です。年利2割というのはどの程度の数値なのかを実感していただくために500万円を5年間年利20%で運用すると元手がどのように増えるのかについて見ていこうと思います。

年数 元利合計 利息
1年目 6000,000 1,000,000
2年目 7200,000 2,200,000
3年目 8640,000 3,640,000
4年目 10368,000 5,368,000
5年目 12441,600 7,441,600

ここでまとめましたように年利20%で運用をすると4年目の時点では元手が倍になるのです。仮に1千万円をヘッジファンドに預ければ4年後には元手は2千万円を超えますし、1億円を預ければ4年後には運用資金が2億円を超えます。

参考までに日本人に人気の投資商品の年間の期待利回りはこのようになっています。

投資商品 年利
株式投資 5%
不動産投資 6%
投資信託 3%
国債 0.05%
保険 1%

他の投資商品と比較するとヘッジファンドの年利20%という数値の高さがよく目立つと思います。

優秀なファンドなら年利30%も狙える

ちなみに先ほどヘッジファンド業界の期待利回りは20%前後と紹介したと思います。実はこの「20%前後」というのは一般的な国内のヘッジファンドのことであり、一部の国内ファンドの中には30%を超える運用益が期待できる会社もあります。

先ほど紹介した500万円を仮に年利30%で運用するとどうなるのかまとめてみました。

年数 元利 合計利息
1年目 6,500,000 1,500,000
2年目 8,450,000 3,450,000
3年目 10,985,000 5,985,000
4年目 14,280,500 9,280,500
5年目 18,564,650 13,564,650

ここでまとめたように年利30%で運用をすると4年目の時点で元手の500万円は約3倍の1420万円にまで増えます。ちなみに5年目になると約4倍の1850万円を上回るのでまさに驚異的ですよね。

利用するヘッジファンドを選べば5年で元手を4倍近くにまで増やすのも無理ではないというのがヘッジファンド投資の醍醐味と言えます。これだけのリターンを考えるとこれまで紹介してきたような多少のリスクは許容する価値があるのではないかと管理人自身は思います。

おすすめのヘッジファンドランキング

今のあなたが気になるヘッジファンド投資に伴う主なリスクの種類やリスクの大きさ、そしてリスクを冒した際に見込まれるリターンの大きさについてはこれまでご紹介した通りです。

ここまでの内容を前提にした上での話ですが、ヘッジファンド投資の成功と失敗を分けるのは結局のところファンド選び。なぜなら優秀なファンドの場合、世界経済が悪くても安定した運用益を出せますし、運用能力が低いヘッジファンドの場合は好景気しか優れた結果を期待できません。

そこでこのコンテンツの最後に質の運用能力が高いおすすめのヘッジファンドをランキング形式で一覧にしてみました。

順位 ヘッジファンド名
1位 M&S
2位 BMキャピタル
3位 フィノウェイブ・インベストメンツ
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント

ここで一覧にしたヘッジファンド4社はどれも質の高いファンドマネージャーを抱えているので好景気であろうと不景気であろうと安定した運用結果の期待できます。特に第一位のM&Sは運用能力の面でもリスクヘッジの面でも抜群に優れているので質の高いファンドをお探しでしたら1つの候補になります。

このファンドの詳細はこちら

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %