必読?ヘッジファンド投資のおすすめ本とは?

ヘッジファンド投資のおすすめ本

「ヘッジファンドを勉強するのにおすすめの本ってどれなの?」

「口コミや評判が良い本ってどれかな…」

アメリカをはじめ、世界中で利用されているヘッジファンド。国内でも少しずつヘッジファンドの認知度は上がってきており、ヘッジファンドを利用する投資家も少しずつ増えてきています。

しかし一方で、ヘッジファンドはかなり複雑で専門的な知識が必要な部分もあります。そこで今回はヘッジファンドが効果的に学べるおすすめの本10選を紹介していこうと思います!

ヘッジファンドを学ぶ上で良い本を読むというのは非常に効果的ですが、世の中にはヘッジファンドに関する本がたくさんありますね。そんなヘッジファンドの本を今回は「未経験者向けの入門書」、「中~上級者向けの本」、「投資を行う上で読んでおくべき王道本」の3つのカテゴリーに分けて紹介しています。

自分の用途やレベルに応じておすすめの本がわかりやすくなっていますので、是非チェックしてみてくださいね。では早速入門書から見ていきましょう。

始める前に読んでおきたいおすすめ入門書4選

まず初めに、ヘッジファンドを始める際に読んでおきたい本として初心者におすすめの入門書4冊を紹介していこうと思います。

どれもヘッジファンドの入門書として評判が良いものばかりですので、これから始める方やヘッジファンドに興味がある方必見です!では早速見ていきましょう。

ヘッジファンド運用入門

ヘッジファンド運用入門

まず初めに見ていくヘッジファンドの入門書は、「ヘッジファンド運用入門書」になります。

この本はヘッジファンド運用の基本先物・オプションといった主な金融商品の解説、そしてヘッジファンドで実際に行われている運用戦略がわかりやすく解説されています。

もちろん入門書ですので非常にわかりやすく丁寧に解説されており、元々この本は年金運用者向け、つまり60歳以上の方を対象に書かれています。「入門」と題されてはいますが実際に運用や販売を行っている方にもおすすめの本だと言えます。

ちなみにAmazonやその他の口コミサイトでは

・初心者向けの最良のテキスト

・とにかくわかりやすい本

・難しい印象のあるヘッジファンドをわかりやすく解説してくれている

といった評判が多かったです。やはりわかりやすく解説されているという点が評価されているようで、初心者だけでなく中~上級者にもおすすめの本だと言えますね。

入門ヘッジファンド-やさしくわかるヘッジファンドのすべて

入門ヘッジファンド-やさしくわかるヘッジファンドのすべて

次に紹介するおすすめの入門書は、「入門ヘッジファンド-やさしくわかるヘッジファンドのすべて」です。

この本では、EACMアドバイザーズというアメリカにあるファンドアドバイザー会社の最高投資責任者であった「イエーガ-・ロバート」氏が著した本で、ヘッジファンドというものがどのような歴史的背景から成り立ったのか、そして似ている特徴を持つ投資信託との違いは何なのかといった内容まで網羅されています。

またヘッジファンドだけではなく経済学やファンドビジネスのことも網羅されており、入門書として読めばかなり「ファンド」や「お金」に関する知見が広がる内容になっています。

この本は2006年に発行されたのでやや古く、専門用語も出てくるが基本的に丁寧に解説されており、ヘッジファンドの良いところばかりでなく短所もしっかり記述されています。ヘッジファンドについてゼロからしっかり学びたいという方は初めに読んでおいたほうが良い入門書だと言えますね。

ちなみにこの本には、

・誰にでも読みやすいというワケではないが、興味があるなら非常に良い本

・読みやすく、かなり深いところまで網羅されている。

・ヘッジファンドだけでなく幅広い分野を学べる

といった口コミが上がっており、ヘッジファンドに興味がある方やすでにヘッジファンドを行っている方など幅広い層から高い人気があると言えますね。

オルタナティブ投資入門-ヘッジファンドのすべて

オルタナティブ投資入門-ヘッジファンドのすべて

ヘッジファンドを始める上で読んでおきたいおすすめの本3冊目は、「オルタナティブ投資入門-ヘッジファンドのすべて」になります。

そもそも「オルタナティブ投資」というのは、株式投資や債券といった伝統的で代表的な投資商品以外の投資対象のことをいいます。この本ではオルタナティブ投資の代表ともいえるヘッジファンドの基本やリスク管理の方法、そして実践方法など、かなり細かく網羅されています。

また第9章ではアジアにおけるオルタナティブ投資の現状も掲載されており、今後ヘッジファンドをはじめとするオルタナティブ投資がどうなってくるのかなどについても言及されています。

ちなみにこの本の著者は投資顧問会社のCEOを務めており、投資や資産運用の世界を最前線で見てきています。そのため非常に深く、ヘッジファンドをはじめとした資産運用の世界を広く学べると人気があります。

この本には他にも、

・入門書にとどまらない奥の深さがある

・内容がまとまっていて面白い

・各章に用語解説欄があるので初めてでも理解しながら読める

・説得力が違う。何回でも読み直せる

といった口コミ・評判があり、かなり高い評価がされていました。まず読んでおきたい入門書としておすすめだと言えますね。

ヘッジファンド投資入門ー「不確実性」と「不安定性」から利益を上げる法

ヘッジファンド投資入門ー「不確実性」と「不安定性」から利益を上げる法

おすすめ入門書として最後に紹介するのが「ヘッジファンド投資入門ー「不確実性」と「不安定性」から利益を上げる法」という本です。

元々海外で出版された翻訳版であるこの本は、「ヘッジファンドに関する総合的なガイドブック」ともいわれています。著者は資産運用業界で30年以上の実績と経験を持つジェームス・オーウェン氏で、全米で読みやすくわかりやすいと非常に注目を浴びた本となっています。

基本的にこの本では、投資全般の話を交えながらヘッジファンドがどのようなものなのか、どうしていくべきなのかについて書かれています。中にはヘッジ(防御)するファンドにおいて個人投資家のニーズをどう捉えていくのかなど、非常に専門で深い内容も出てきますが、どれもわかりやすい口調で書かれていますので安心だと言えます。

ちなみにこの本には、

・最近になってヘッジファンドの人気が出てきているがこの本はかなり深くまで書いてあり、ためになる

・本格的なヘッジファンドガイドとしてかなり優秀

・非常に良い。書いてある内容が経験に基づいているので深いし、わかりやすい

といった内容の「深み」についての評判・口コミが多く、ヘッジファンドに興味がある方でも実践からくる経験が学べる良い本なのではないでしょうか?

さてここまで、ヘッジファンドを始める方が読んでおきたい入門書として4冊紹介してきました。どれも入門書として人気が高いものばかりですので、気になるものがあったら是非読んでみることをおすすめします。

うまく運用するために必読な中~上級者向けの3冊

では次に、ヘッジファンドをすでに始めている、もしくはある程度知っているかたが読んでおきたいおすすめの本を紹介していきましょう。

ここでは中~上級者に向いている本として3冊紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね!

ヘッジファンドⅠ

ヘッジファンドⅠ

中~上級者に向いているおすすめの本としてまず見ていくのは、「ヘッジファンドⅠ」になります。

この本はシリーズものとなっており「ヘッジファンドⅠ」と「ヘッジファンドⅡ」にそれぞれ分かれています。この本ではヘッジファンドのファンドマネージャーへのインタビュー内容や非常に専門性の高い投資の世界についてまとめられている本で、特に金融に興味がある、もしくは現在その業界に携わっている方には必読の本だと言われています。

知られざるヘッジファンドマネージャーの日々や運用中の心理など、当事者しか知らない情報が満載ですので読みごたえもあると言えますね!

ちなみにこの本の口コミや評判は、

・金融業界で働いている方には必須。

・あまり語られることのない内情が知れるし、かなり深くまで学べる

・ヘッジファンドの歴史や現状を細かくしることができる

といった評価が見受けられます。全くの初心者には難しいかもしれませんが、興味がある方や金融業界で働いている方は特に読んでおきたい本だと言えます。

こんなにおもしろいファンドマネージャーの仕事

こんなにおもしろいファンドマネージャーの仕事

ヘッジファンドに興味がある方におすすめの2冊目の本は「こんなにおもしろいファンドマネージャーの仕事」という本です。

この本は証券アナリスト兼ファンドマネージャーとして活躍している松下氏が著している本で、こちらも自身の経験を織り交ぜたヘッジファンドの裏側についてまとめられています。

華やかなイメージがあるヘッジファンドマネージャーの裏側や実態がリアルに綴られており、「マネージャーってこんななんだ」というのがわかる本になっています。日本株での運用に特化していた松下氏の苦悩やノウハウ、そしてこれからのヘッジファンドや日本経済についても触れられていますので、ファンドマネージャーに興味がある方やヘッジファンドの裏側について興味がある方は必見です。

この本の口コミや評判は、

・ヘッジファンドマネージャーの本質について学ぶことが出来る

・公にされていないヘッジファンドマネージャーの裏側が知れて面白い

・ヘッジファンドや資産運用に興味がある方は絶対読んでおいたほうが良い

といった口コミが載せられていました。評判でもあるように、ヘッジファンドのファンドマネージャーに興味がある方やヘッジファンドの本質が学びたい方にはおすすめでしょう。

ヘッジファンドの真実

ヘッジファンドの真実

中~上級者に向いているおすすめの本として最後に紹介するのは「ヘッジファンドの真実」になります。

この本も先ほど触れました「こんなにおもしろいファンドマネージャーの仕事」と似ているヘッジファンドマネージャーの裏側や「ヘッジファンド」という世界観について深く解説している本です。

トップアナリストからファンドマネージャーに転じた著者が経験したノウハウや知見をもとにヘッジファンドの本質とは何か?そして日本におけるヘッジファンドの現状は?というテーマで書かれています。わかりすい語り口調に加えて、豊富な用語説明、そして経験していないと知らない現場レベルのノウハウがまとめられているので、是非読んでおいておきたい本の1つだと言えます。

・ひたすらわかりやすい。携わっている業界が違っても明確に理解できる内容になっています。

・2007年に発行された本だが、今読み返しても役に立つ

・「マーケット」に携わる人の必読書

・不透明だったヘッジファンドの全貌がわかる良い本

このように、この本に対する評判も良いものばかりでしたので是非チェックしておきたい本ですね。

ここまですでにヘッジファンドを始めている、もしくはある程度詳しい中~上級者に向いているおすすめの本を3冊紹介してきました。ここで触れてきた3冊は比較的マネージャーの視点から見た経験やヘッジファンドの裏側についての本が多く、より現場レベルの内容が学べる本だったと思います。

ヘッジファンドに関して深い内容が知りたい方は3冊のうちどれか1冊くらいは読んでおくことをおすすめします。

ヘッジファンドをはじめとした資産運用をする上で読んでおきたい本3選

ここまでヘッジファンド初心者におすすめの入門書4冊と中~上級者に向いているおすすめの本3冊を紹介してきました。

いずれかの本を数冊読むだけで、ヘッジファンドの全貌や裏側は大体理解できるようになるかと思います。ちなみにここでは番外編として、ヘッジファンドをはじめとした「資産運用」を行う上で読んでおきたい定番書を3冊見ていこうと思います。

資産運用を長く行っている方や携わっている方はもう知っている本も多くあるかと思いますが、これから資産運用を始める方にとっては必読書とも言えますので、是非チェックしてみてくださいね。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

資産運用やお金のことが良くわかる1冊目の定番本は、「金持ち父さん貧乏父さん」です。

ロバートキヨサキ氏が著したこの本は「資産運用」の世界では当たり前に読まれている本で、人物像が全く異なる2人の人物が、独自の視点でユニークな経済論を展開しています。

1人は高学歴だが収入が不安定な主人公の父さんで生涯を通して金銭問題に悩まされている。もう一人は主人公の親友の父親で、13歳で中学校を中退した学歴のない億万長者。

この全く違う対照的な2人をベースに、それぞれの経済論や教訓、そしてそもそもお金とは何のか?という大きなテーマについて学んでいける本となっています。学校の教育では教えてくれない「金融・経済面でのリテラシー」を主張するこの本は、資産運用を始める前に読んでおきたい名書だと言えます。

そんな「金持ち父さん貧乏父さん」は

・友人に勧められて購入したが、お金についてしっかり考えるきっかけをくれた本

・アメリカという国がなぜ資産運用に熱心なのかがよくわかる良本

・何歳で読んでも為になる本だ

・今まで持っていたお金の概念が覆される

といった口コミが多く、どれも高い評価を得ていました。資産運用に興味がない方にも是非読んでほしい本の1つでしょう。

ウォール街のランダムウォーカー

ウォール街のランダムウォーカー

次に紹介するおすすめの定番書は、「ウォール街のランダムウォーカー」です。

この本は1973年にアメリカで発行された「投資のバイブル」と呼ばれている本で、全米累計150万部を突破。今でも世界中の投資家に読まれている資産運用の名著です。

資産運用を行う際に知ってきたい戦略的なことが多く書かれており、ダウ理論など様々な指標を批判しながら何が一番良いのかについて追及している内容になっています。最終的にはインデックス投信について深く書かれており、やや専門的で難しい箇所もあります。

ただ資産運用の根本的な考え方や運用していく上で注意しておきたいポイントをわかりやすい言葉で解説してくれていますので必読の1冊だと言えるでしょう。

・基礎をしっかり理解できる

・インデックス投資最強論の原点

・どのレベルの人でも読んでおいたほうが良い名著

・内容はやや難しいが読む価値が大いにある本

口コミやレビューも高い評価のものが多く、多くの読者から愛されている名著だとわかりますね。ただ少し専門的で批判の箇所も多いので低評価もありますが、全体的に上記したようなものが多く記載してありました。

敗者のゲーム

敗者のゲーム

最後に紹介する定番のおすすめ本は「敗者のゲーム」です。

この本は、プロ・アマを問わずすべての投資家に向けた運用哲学のバイブルになっており、全米で100万部以上のロングセラーとなっています。この本でも基本的に「インデックスファンド」を紹介しており、市場に対して柔軟に対応できるインデックスファンドを活用することこそが簡単で結果が出る運用方法だと解説しています。

確かにFXやオプション、仮想通貨といった様々な運用手段が普及してきている今でも、インデックスファンドでの運用は効果的です。そんなインデックスファンドの基本やリスク管理の重要性、そしてお金が動いている経済など、運用を始める上で絶対に知っておきたい内容がかなり網羅されています。まさにインデックスファンドのバイブルとして幅広い投資家から読まれていますので、気になる方は是非手に取ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに口コミや評判は、

・投資の王道本

・運用をする人もしない人も読んでおいたほうが良い本

・投機ではなく資産運用を行うコツがわかる内容

・充実した内容で、本の価格以上の価値がある

といったような高評価が目立ちました。資産運用に興味がない方もお金や経済を学ぶためにも読んでおきたい本だと言えますね。

さて、番外編としておすすめしたい定番書の紹介は以上です。

ここではどちらかというとヘッジファンドではなく、インデックスファンドやお金全般についての本が多かったと思います。資産運用に正解はありませんが、こうした名著も参考にしたうえで自分に合う運用方法で始めてみればよいと思います!

ここまでの内容とまとめ

今回はヘッジファンド投資を始める際に読んでおきたいおすすめの本10選ということで、様々な本を口コミや評判と一緒に紹介してきました。

ここでもう一度内容をおさらいしてみましょう。

未経験者におすすめの入門書

・ヘッジファンド運用入門

・入門ヘッジファンド-やさしくわかるヘッジファンドのすべて

・オルタナティブ投資入門‐ヘッジファンドのすべて

・ヘッジファンド投資入門‐「不確実性」と「不安定性」から利益を上げる法

中~上級者向けの名著

・ヘッジファンドⅠ~Ⅱ

・こんなにおもしろいファンドマネージャーの仕事

・ヘッジファンドの真実

一度は読んでおきたい資産運用の名著

・金持ち父さん貧乏父さん

・ウォール街のランダムウォーカー

・敗者のゲーム

基本的にどれもおすすめなのですが、中でも「ヘッジファンドⅠ~Ⅱ」はかなりおすすめだと言えます。ヘッジファンドの基本や解説はもちろん、インタビューをもとにしたマネージャーの裏事情や世界観は読み物として非常に面白いです。

これからヘッジファンドを始める方、もしくは興味がある方は是非「ヘッジファンドⅠ~Ⅱ」をはじめとする本を読んでみることをおすすめします。

ちなみに当サイトには、ヘッジファンドの投資方法やおすすめファンドについてまとめている記事もありますので、興味がある方はチェックしてみてくださいね!

>>知っておきたいヘッジファンドの基本やおすすめファンドはこちら

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %