ファンドマネージャーの役割と実力のある責任者の選び方

「ファンドマネージャーって何者?」

「優秀なマネージャーがいる会社ってどこなのかな・・・・」

こんなことにご興味をお持ちではないでしょうか?

正直ファンドマネージャーという単語を聞いたことがあっても彼らが何をやっているかなんてなかなか知る機会がないですよね。そんなあなたにファンドマネージャーの役割を簡単に説明するとファンド運用の最高責任者です。

最高責任者である以上、投資戦略の立案や4半期ごとの目標数値の決定や投資銘柄の選定といったファンド運用の肝になる業務を全て担当します。そんなファンド投資の命運を握っているファンドマネージャーのより詳細な役割や優秀なマネージャーの条件についてこれから見ていこうと思います。

これから紹介する情報に目を通すだけで、ファンドマネージャーというのが何者であり、優秀な監督者がいるヘッジファンドがどこなのかが分かります

ファンドマネージャーとは何か?

冒頭でも簡単に触れましたがファンドマネージャーというのはヘッジファンドをはじめとした資産運用会社が運用するファンドの運用方針を決める責任者です。

このファンドマネージャーにはどんな役割が求められるかというとファンドに集められたお金の運用目標を何パーセントにするかという目標設定。そしてその目標を達成するためにどんな投資商品にどの程度の資産を配分するのかという資産の配分戦略の策定。

資産を配分した各投資商品の利確ラインや損切ラインを確定させる出口戦略の確定。そしてファンドの運用方針の説明といった投資家への説明責任を背負うこと。

こういった運用するファンドの全責任を一挙に担うのがファンドマネージャーです。要するに運用するファンドの意思決定から結果責任の全ての命運を握るファンド運営におけるキーパーソンなのです。

なんとなくファンドマネージャーがどんなものか分かったのではないでしょうか?

彼等の年収は業績と連動する

「ファンドマネージャーは儲かる、高給取り」なんて情報を見たり・聞いたりしたことはないでしょうか?

実はファンドの運用結果の最高責任者であるファンドマネージャーは一般のサラリーマンの数倍~10数倍の給与を得ています。その理由はファンドマネージャーの年収は「基本給+ボーナス」という2つの項目で決まるからです。

この基本給というのはいわゆる年俸制が多く、年俸が700万円だったり、800万円だったりと一般的な上場企業のサラリーマンとそうは変わりません。

ですが、ボーナス査定に関しては一般的な企業のサラリーマンの査定とは別物です。なぜなら多くの運用会社はファンドマネージャーのボーナス査定に歩合制を導入しており、「運用益の○○%」といったように出した数値によって決まります。

例えばボーナス査定が運用益の5%のファンドマネージャーが100億円の運用益を出した場合は、なんとその年のボーナスは5億円。(100億円×0.05)

それではその逆に減益を出した場合はどうなるか・・・・

その場合はボーナスが発生しないだけではなく、場合によっては「解雇」なんてことも起こりえます。まさにファンドマネージャーの運命というのはマネージャーが運用しているファンドの業績と連動します。

その結果ファンドマネージャーはファンドに集まったお金を自分の資金以上に大切に運用してくれます。これはファンドにお金を預ける側の投資家としてはすごくうれしいですよね。

ヘッジファンドの質は責任者次第

ここまでファンドマネージャーの役割や彼等の年俸の決まり方について見てきました。これまでの内容を見てお気づきかもしれませんが、ファンドの質はファンドマネージャーのレベルで決まります

なぜならどんなに有名なヘッジファンドであろうと運用担当者のレベルが低い場合は高い運用結果の期待はできません。その一方で運用金額が100億円以下の中規模なヘッジファンドであっても優秀なマネージャーがいる場合は、安定した運用結果が期待できます。

例えば当サイトで紹介しているM&Sというヘッジファンドは運用額は100億円以下ですが、ファンドマネージャーが優秀なので毎年20%以上の運用益を出しています。

要するにもしあなたがヘッジファンドをはじめとした資産運用会社に投資の代行を依頼するのでしたらファンドマネージャー選びに力を入れる必要があるのです。そこでここからはファンドマネージャーが優秀であるかどうかを判断する際の判断基準について見ていこうと思います。

質の高い責任者の選び方

投資を考えているファンドのマネージャーが優秀かどうかを判断する際には一般的にはこちらの3つが良くチェックされます。

  1. これまでのキャリア
  2. 過去の運用実績
  3. 直近の運用成績

それぞれの詳細については上から順番に簡単に紹介していこうと思います。

これまでのキャリア

最初に紹介する「これまでのキャリア」というのはファンドマネージャーの経歴です。具体的にはどこの大学を出て、何を専攻し、現在の役職に就くまでにはどういった仕事に携わってきたかのか、そしてどんな資格があるか等です。

特にポイントになるのが現在の役職に就くまでにどんな仕事に取り組んできたかが重要になります。その理由はファンドマネージャーも人間である以上、彼等にも疎い分野と得意な分野がありますし、キャリアに応じて採用する投資戦略が変わる傾向があるからです。

例えば外資系の投資銀行での勤務経験があるファンドマネージャーの場合、多少リスクがあっても儲かる投資商品には積極的に手を出す傾向があります。その一方で国内の銀行や証券会社での勤務経験が長いファンドマネージャーの場合は保守的な運用をする傾向があります。

あくまで全体的な傾向なので例外ケースは少なくありませんが、キャリアからファンドマネージャーの得意な分野や疎い分野を見極める姿勢は欠かせません。

資格や学歴よりも実績

さきほど取り上げましたようにファンドマネージャーの実力を判断する際に経歴の確認は欠かせませんが、資格はあまり役に立ちません。なぜなら公認会計士や弁護士といったメガ資格の取得や一流大学に受かるための能力と投資の成功に必要な素養は違うからです。

それでは何をチェックすればよいのかというと過去の運用実績です。

特に参考になるのはリーマンショックの時のようにマーケットが荒れていた時期の運用成績。リーマンショックのように日本経済が沈んでいた時期でも2桁(10%以上)の年利を出していたファンドマネージャーは一流です。

実は世界の経済には良い時と悪い時があり、良い時の場合は実力がいまいちのファンドマネージャーでも高い運用益を出せてしまいます。その一方で実力がいまいちのファンドマネージャーの場合、外部環境が悪いと途端に運用力が下がる傾向があります。

つまり景気の良し悪しに関わらず担当するファンドの運用益が安定しているファンドマネージャーというのは一流なのです。

直近の運用成績をチェック

これまでの実績と同じくらい大切なのは直近の運用成績です。

特に直近3年間の平均運用成績のチェックが欠かせません。つまり現在が2017年である以上、2014年度・2015年度・2016年度の3年間の平均運用利回りですね。

この3年間の年間の運用利回りが平均で20%を上回っていればとても優秀と言えます。どうして20%かと言いますとファンドの世界では「年2割」を安定して出し続けているファンドマネージャーは一流と言われているからです。

実績のあるファンドマネージャーも人間である以上、プライベート等の問題で一時的に運用成績を下げることもあります。過去の実績から実力は判断できますが、直近の運用成績を見なければそのファンドマネージャーが「旬」であるかどうかはわかりません。

やはり運用は「旬」なファンドマネージャーに任せることに越したことがない以上、直近3年の平均値と直近の1年~半年の成績はチェックしたいですね。

優秀な責任者がいるファンドはどこ?

ここまでファンドマネージャーの役割や優秀なファンドマネージャーの見極め方について見てきました。そろそろこのコンテンツも最後になるので優秀なファンドマネージャーがいる2社のヘッジファンドを紹介しようと思います。

その2社というのはM&SとBMキャピタルです。

M&S

前者のM&Sは現在国内のヘッジファンドの中で最も運用成績が良いファンドマネージャーが率いるヘッジファンドです。その裏付けとして15%の利回りを出せば御の字と言われているファンドの世界でM&Sの運用責任者の直近3年間の平均利回りは40%を上回っております

業界水準の3倍近い運用成績ですので、優秀なファンドマネージャーが率いるファンドをお探しでしたらM&Sは最適な候補になります。

BMキャピタル

2社目のBMキャピタルというのはバークレイズ出身の金融のプロが創設したヘッジファンドです。このBMキャピタルのファンドマネージャーの魅力は運用の安定性です。

実はBMキャピタルのファンドマネージャーはBMキャピタル創設以来10%を切る運用益を出したことがありません。要するにコンスタントに2桁の年利が狙えるので計画性に秀でたファンドマネージャーなのです。

マネージャーの質ならM&S

ここまで質の高いファンドマネージャーが在職しているM&SとBMキャピタルというヘッジファンドの概要を紹介しました。正直どちらのヘッジファンドのファンドマネージャーの質も高いですが、運用能力に関してはM&Sが一枚上手

実はM&Sのファンドマネージャーは運用能力の高さからブルムバーグというアメリカの有名な経済ニュースにも取り上げられたという実績があります。

もしあなたが運用能力が高い優秀なファンドマネージャーに資産運用を任せたいのでしたらM&Sは最適な候補になります。そんな抜群の運用能力を誇るファンドマネージャーが在籍しているM&Sの詳細につきましてはこちらのページでまとめております。

詳細はこちら

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %