ヘッジファンドの投資対象

富裕層や機関投資家から私的に資金を集めて投資する「ヘッジファンド」ですが、ヘッジファンドは投資信託などとはちがう対象にも投資します。投資信託は株や国債・社債などの債権に投資して運用しますが、ヘッジファンドの場合はデリバティブ全般に対しても投資します。

「デリバティブ」とは日本語では金融派生商品などと言われますが、簡単には株などを単にそのときの時価で取引するだけでなく、将来売買することを先に約束する取引(先物取引)や、将来売買する権利を先に売買する取引(オプション取引)、そしてさらにこれらを複雑に組み合わせた多様な取引を行なうものです。

こうして、リスクヘッジやより高い収益性を求めるために、次々に新しい商品が開発されています。

ヘッジファンドはどういう手法で投資する?

こうした対象に投資するヘッジファンドですが、ヘッジファンドはどういった手法で投資するのでしょうか。一般的な投資信託とのちがいを見てみましょう。

ロングショート

一般的な投資信託は、基本的に現物株の「買い」しかしません。しかしヘッジファンドは「売り」でも利益を出すことができます。買い(ロング)と売り(ショート)を組み合わせることでリスクヘッジする手法をロングショートといいます。ロングとショート両方のポジションをとることで、損失を最小にすることができる利点があります。

 また相場全体が下げの傾向があるときは、大量に「空売り」することで確実に収益を出すことができます。「空売り」とは、証券会社から借りた株を株を売り、その後で買うというものです。空売りすることで株価を下げ、株価の下落を見た他の投資家が売りに便乗して株価がさらに暴落、そして下がりきったところで買い戻し、差額で利益を出すというものです。

グローバルマクロ

世界のマクロ経済を分析し、金融市場のゆがみを見つけ、多種多様な対象に多種多様な手法で投資することを「グローバルマクロ」と言います。特定の運用対象に投資するのではなく、世界中の対象に対して多様なポジションで張ることで、リスクをヘッジする手法です。

マネージドフューチャーズ

マネージドフューチャーズとは、先物取引で利益を追求する手法です。株、債権のような金融商品から、原油、穀物などのコモディティも含めた上場している先物に投資します。世界中の先物を対象として投資し、トレンド追従で利益を求めます。最近ではコンピュータの発達から、プログラムによる取引が中心となっています。

ヘッジファンドはハゲタカ?

ヘッジファンドのことを「ハゲタカ」と批判する声は多いです。

それは「空売り」のような手法で株価を意図的に暴落させ、底値で買いあさっている、という意見です。しかしこのような批判が出たのは、ヘッジファンドの投資手法が新しかったことから世間が認めることができなかったに過ぎないのです。

かつてヘッジファンドがはじめた「空売り」などの手法は、今では個人投資家でも活用するようになり、一つの投資手法、戦略として認知されてきました。ヘッジファンドの投資手法は、今後も金融の世界の最先端を開拓していくでしょう。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %