国内ヘッジファンドに対する筆者の考えを語る

国内ヘッジファンドについて言及するサイトがないようなので、筆者の意見を書いておこうと思います。

現在の日本国内では資産運用の選択肢に、絶対的な利益追求型のヘッジファンドがほとんど無いというふうに思われています。多くの投資家は優秀な運用方法を探しているにも関わらず日本国内での選択肢はあまりありません。

昨今、インターネットの普及も手伝い、様々な情報を、直接入手することができるようになりました。そのなかで、少しずつですが国内ヘッジファンドの存在も少しずつ一般化してきていると思います。

ただ、ヘッジファンドの性質上、わかりづらい部分がネガティブに語られてしまうような状況もあり、筆者としてはこの状況が改善されるといいなと感じています。

ヘッジファンドは、絶対的な利益をとりにいくためにも、その運用手法や運用の方針が細かく決められている為、大量生産できるものではありません。個々のヘッジファンドには適正規模があるのです。

アセットが10億までならすばらしい成績を出せても、それが100億だとまったく通用しない、ということは十分にありえる話でしょう。

パッシブに、インデックス投資をしているファンドならまだしも、絶対的な利益を追求しているヘッジファンドには、その保有するアセットの量によって、微妙な運用方針の変更や手法の変更をせざるを得ないはずです。

また、逆をいえば、それくらいぎりぎりの投資戦略を組んでいるヘッジファンドだからこそ、魅力があるともいえるのです。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %