デリバディブ商品とはどういった金融商品?

デリバティブという商品がいよいよメジャーになって来ました。

デリバティブは金融の「派生商品」という意味で、株式や商品などの原資産から派生したバーチャルな金融商品の事を指します。デリバティブの中には先物やオプション、スワップなどがあります。

このうち日本でも上場して取引されているのが日系225先物オプションです。これらの特徴はレバレッジを効かしたハイリスク商品であるところでしょう。一般的に商品のレバレッジは20~30倍です。為替FX の中にはレバレッジ400倍を謳う海外の業者もあります。

ハイリスクな取引とされる日本の信用取引ですが、日本の場合は証拠金の3倍までの株式を購入することができ、空売りをすることが、銘柄によって可能だったりします。

投資はどこまでいっても確率でしかありません。勝率50%としても、50回連続で負けた場合、51回目が必ず勝てるわけではありません。あくまでも、勝率は過去の一定期間における全体からの勝ちの割合にしか過ぎません。51回目の勝ちを担保してくれるものではないのです。ではその確率の世界のなかで、なぜ成績に優劣がつくのでしょう。

やはりそこで重要なのは、知識と経験なのです。

運用成績は金融の「知識」と「経験」によって勝負がきまります。

デリバティブの場合、レバレッジは何十倍も効く場合が多いので、資産運用で大きな成功をもたらす可能性を秘めていますが、ハイリスクであるということをしっかりと理解して、十分な準備をしていく必要があります。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %