定期的に決まった分配金が入るのは魅力的ではありますが

投資信託ランキングの毎月分型部門を見ると、非常に魅力的な利回りで分配金を支払っている投資信託が並びます。

毎月分配型投資信託は、定期的にほぼ決まった金額が振り込まれるので、主婦層にも人気になっています。

安全に運用できるイメージが先行して、毎月分配型の投資信託からの分配金を生活費の一部や習い事の月賦に充てている主婦もいるようです。

家計の遣り繰りをする主婦層がよく買い付ける毎月分配型の投資信託ですが、せっかく日々の生活費を切り詰めて節約するのなら、投資信託でもその考え方をした方が投資成果を上げやすくなることを知っている方は少ないように思います。

毎月分配型の投資信託は、分配金が非常に目立った魅力であるため、ずっと持っていれば安心だとする考え方から、安易に商品選びをしている方が多い商品群です。

投資信託を買い付ける際にも、コストには是非気を付けて下さい。これは消費者の感覚と似ているようで、実は投資活動の非常に大事な部分です。

投資信託のコストを考える際に一番最初に気にするべきなのが、買い付け手数料です。

同じ商品でも、買い付け手数料に業者毎の差があることをご存知ですか。

投資信託は、その商品毎に買い付け手数料の上限は決められていることがありますが、販売会社毎にある程度買い付け手数料の差があります。

投資信託の買い付け手数料を安く済ませることができれば、買い付け価格が下がり、その分パフォーマンスは向上することになりますので、買い付けの商品が決まってもどこの業者から買うのかを検討することは重要です。

また、投資信託には目に見えない手数料が存在していることに、あまり理解の無い方が多くいます。

毎月分配型の投資信託でも言えることですが、投資信託の運用をするファンドマネージャーの報酬やその他の運用にかかる費用は、投資信託に集まった資金の中から支払われています。

その手数料を「信託報酬」と言います。

信託報酬は、年間ベースで徴収される手数料で、実際に手数料を直接顧客が支払うわけではなく、ルールに基づいて投資信託の運用成果にコストとしてマイナスされる形で取られています。

運用報告書には当然コストとして載ってきますから、ブラックボックスになっているわけではありませんが、直接支払う手数料ではないため、軽視され勝ちであることが特徴です。

投資信託の目論見書をよくみると書いてあるのですが、コストを気にして投資信託選びをされる方も、信託報酬を比べている方は少ないように思います。

年間ベースで取られていく信託報酬は、長期保有するつもりで持つ投資信託の運用パフォーマンスに、ダイレクトな影響を与えるコストです。

同じような運用パフォーマンスの投資信託で迷う時はこの部分を気にしたり、最近パフォーマンスが落ちてきている投資信託を保有している場合などは、年間の運用コストを気にしてみたりと、活用するべき時は少なくありません。

投資信託手数料

あまり注目されないコストではありますが、長期的な視点で見る時には、買い付け手数料より総額の支払額は多くなる部分ですので、投資スタイルによってはきちんと相対的な比較を行うことが必要です。

投資信託にかかる手数料は、細かなところまで見ていって、少しでも運用成果を上げるための分析を行いましょう。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %