ランキングのチェックも投資信託選びでは重要な要素

投資信託の本の売り上げランキング等は定期的にチェックをされていますか?

現在は、全ての情報がネット上にあると言われていますので、投資信託の本の重要性は少し減ってしまったのかも知れません。しかし、一冊の本にまとまったものを読むことは、ネットとはまた違った勉強ができるので、初心者の方は投資信託に関する本の売り上げランキングを定期的にチェックするべきでしょう。

投資の世界で有名な本の一つに「金持ち父さん貧乏父さん」という本があります。

この本は、不労所得としてお金にも働いてもらう必要性を説いていて、そのために投資に関する知識をつけていくことを勧めています。

この本が売れた背景には、日本全体の働き方が変わってきて、就労により得られる富に限界を感じると共に、富の格差についても深く考えるようになったことがあります。

投資に関する考え方が大きく変わった日本人の行動として、非常に分かり易い形で現れたものと考えられます。

古くから日本人に愛されてきた年功序列による安心感はなくなって、将来への不安が漂う世の中になってきた日本ですが、逆転の発想をすれば、投資をしていくことの必要性がはっきりしてきており、民族性が投資に消極的であるものの、自分も投資を考えていかなければならないと思わせてくれる世になったとも言えるでしょう。

少しずつでも投資に関する考え方が、グローバルスタンダードに近付いていくきっかけになっています。

この本の中で筆者は、通常に就労して働いている人を「ラットレース」をしていると言っています。

とても滑稽だと言っているわけですが、実際に投資によって不労所得を継続的に受けるとこんな気持ちになるのかもしれません。

ちなみにその意見については、大きく賛否が分かれておりますので、正しい考え方だとは言うつもりはありません。

しかし、投資の必要性が出てきた世の中になったのは確実でしょう。年金も無くなるリスクが出てきて、格差は広がるばかりです。

このまま何の努力もしないで、社会の中に埋もれていくことは、とても悲しい選択のように感じます。

投資信託の本は投資の必要性や考え方も勉強になる

投資信託の本のランキングの中には、投資の必要性や考え方を説いているものもたくさんあります。

なぜ自分が投資活動を行っているのかがはっきりすれば、勉強にも力が入るかもしれませんし、これから投資を始めようと思っている方は、そのきっかけになるかもしれません。

多くの情報はネットにあるので、投資に関する本の購入は、評判の良いものだけで良いと思いますが、個人ブログのようなものだけで知識をつけるのも危険です。

情報が多くなってきた状況の弊害として、間違った情報も溢れるようになってきました。特に、小さな個人ブログの中には悪意のあるものも混じっているのが現実です。

投資初心者の内は、その情報を精査していくことも難しいので、売れている本を頼りにするのも、投資に関する正確な知識をつけるのに有効な手段になろうかと思います。

あまり専門的な本はランキングの上位には上がってきませんので、導入本をいくつか購入してみても良いでしょう。

本だったら正しい知識が付けられるとはお約束できませんが、一定量売れている本の中には、その価値に見合った情報があるものです。

購入者の書いたレヴュー等も今は充実しているので、それを参考に良い本を見つけてみてはいかがですか。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %