いま話題のヘッジファンド投資がおすすめな理由とは?



いまの低金利時代に資産運用するとなると、簡単にお金を増やすことができないですよね…。投資信託を用いても年間リターンは年率数%にとどまり、増やすにも限界があります。

そんな時におすすめな投資商品がヘッジファンド。ヘッジファンドは相場の状況や景気動向に関係なく、常に2ケタ台のリターンを確保してくれるほど優秀な商品です。

そこで今回はこれからヘッジファンドへの投資を始めようと考えている方に、国内のおすすめヘッジファンドランキングや一度は読んでおきたいヘッジファンド関連のおすすめ本を紹介します!これでヘッジファンド投資に迷いなく踏み出すことができますね!

また最後には、改めてヘッジファンド投資がなぜそもそもおすすめなのかについても解説します!世間では知られていない投資信託の現状と絡めてお伝えします!

ではおすすめのヘッジファンドランキングから見ていきましょう。

国内のヘッジファンドランキングを大公開!

日本に拠点を置くヘッジファンドは数少ないですが、優秀なファンドはたしかに存在します。そこでおすすめのファンドを1位から順に紹介します。

第1位 M&S



おすすめの投資先第1位は「M&S」
です。

M&Sは2016年に設立され、日本では数少ないアクティビスト(物言う株主)ファンドであります。「強く意志ある投資で、世界経済にインパクトを与える。」を経営理念に掲げていることからもアクティビストとしての存在感が際立っています。

そしてM&Sがおすすめの最大の理由は「運用実績」。過去の実績は以下の通りとなっています。

驚異的なリターンですよね。仮に2016年に1000万円を預けていたとすると、2017年の終わりには約1800万円にまで増えているという計算です。低金利などお構いなしですね!

この運用実績の背景には優秀なファンドマネージャーの存在があります。彼は過去に米系運用会社スティールパートナーズでインターンを経験、その後中国の政府系ファンドでアナリストとして活躍した経歴を持っているので確固たる実力の持ち主。大手情報配信会社ブルームバーグからも取材を受けるほどの注目を集めている敏腕マネージャーなのです。

その他にもM&Sは情報を積極的に開示しており、HP上でM&Sの投資先企業の一部が公開されています。投資家側としても信頼できるヘッジファンドと言えますね!

以上を踏まえるとおすすめのヘッジファンド第1位は「M&S」です。より詳細な情報を知りたい方は以下のページを参照すると良いでしょう。

>> 気になるM&Sの評判などはこちら

第2位 BMキャピタル


続いておすすめランキング第2位は「BMキャピタル」です。

彼らは「損失を出さない」ことを運用哲学としています。事実、BMキャピタルは運用開始以来損失を出したことが一切なく、そのうえで毎年平均10%のリターンを確保している優秀な国内ファンドです。

そんな優秀なファンドのメンバーはというと、若手のエリート集団。東大・京大卒をはじめ、外資系投資銀行で経験を積んだ金融プロがBMキャピタルに集まっており、平均年齢30歳代という将来有望なヘッジファンドなのです。

国内株式を緻密に分析し、割安銘柄への投資を徹底するシンプルな手法なのでヘッジファンド投資初心者には特におすすめのファンドと言えるでしょう。

気になる評判などについては以下のページに記してありますので投資前に一度確認してみると良いでしょう!

>> 第2位のBMキャピタルの詳細情報はこちら

第3位 アズカルアセットマネジメント

最後におすすめのヘッジファンド第3位は「アズカルアセットマネジメント」

アズカルは少数の金融プロ集団で構成されており、主要メンバーのほとんどは国内大手運用会社で日本株式の運用経験を持っています。

そのためアズカルの「日本株式」商品は資産運用におすすめであり、イギリスの運用会社が投資するほどの実績を残しています。

その他にもアズカルは新興国の中で特に成長見込みの高いインドへの投資をすでに開始しているので、始めるなら今がおすすめでしょう!

そんなアズカルアセットマネジメントの運用戦略や口コミなどについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

>> 第3位アズカルアセットマネジメントの口コミ等についてはこちら

以上がおすすめの国内ヘッジファンドランキングとなります。投資信託では得られないリターンを確保してくれるヘッジファンドを厳選しましたので、ぜひ一度検討してみると良いでしょう!

では続いてヘッジファンド投資をするにあたって読んでおくべきおすすめの本を厳選しましたので、レベル別に紹介していきます。

始める前に読んでおくと良い本をレベル別に紹介!

一口に「ヘッジファンドについての本」と言っても知りたいことは様々ですよね。そこで今回は、初心者・中級者・上級者の3タイプそれぞれにおすすめの本を紹介します。

初心者におすすめ「入門ヘッジファンドーやさしくわかるヘッジファンドのすべて」

ヘッジファンド初心者におすすめなのが「入門ヘッジファンドーやさしくわかるヘッジファンドのすべて」です。

この書籍はいま注目を集めているヘッジファンドの歴史的背景から解説を始め、代表的な取引手法・法律や税金に関する話題まで網羅しています。投資を始める前にはぜひ覚えておくべきテーマを取り扱っているというわけです。

そのためこの本は、ヘッジファンド投資を始める方には最もおすすめと言えるでしょう。

中級者にはこれ!「ヘッジファンドⅠ・Ⅱ」

続いて中級者におすすめの本は「ヘッジファンドⅠ・Ⅱ」です。

ヘッジファンド業界は世界的に弱肉強食の世界でありますが、この本はそんな厳しい世界を生き抜いた数々のヘッジファンドマネージャーの物語について記した名作であります。

その他にもこれまでの金融危機において、税金の助けを借りて生き延びた伝統的な金融機関とは違い、自力で生き延びたヘッジファンドがいかに優れているかについても記載されています。

奥深くまで知りたい方におすすめ「ソロスの錬金術」

最後に「ヘッジファンドが行う投資のアプローチにまで知りたい!」という方におすすめなのが「ソロスの錬金術」です。

この本は超一流ヘッジファンドマネージャ―であるジョージ・ソロス氏の投資における考え方「再起性理論」について記されたものであり、新版に至ってはソロス氏本人によって書き加えられた書籍となっています。

ただ内容は非常に難解なものとなっていますので、この本を読破するにあたっては繰り返し読むことが必要となるでしょう。

以上が、ヘッジファンド投資におすすめの本となります。これから投資する方はまず「入門ヘッジファンドーやさしくわかるヘッジファンドのすべて」から読むことをおすすめします!

こちらに今回紹介した本以外にも、たくさんの関連書籍を紹介した記事もありますので、気にいなる方はチェックしてみて下さい!

では最後に、改めてヘッジファンド投資が今なぜおすすめなのかについて解説します。投資信託とも比較しつつ見ていきましょう!

いま独立系ファンドへの投資がおすすめなワケとは?

ではまず世間には知られていない投資信託の実態について紹介します!

元外資系マネージャーが語る「投資信託に隠された真実」とは?

一般的に資産運用に取り入れられている投資信託は、小額から始められる等のメリットを持つ一方で以下の2つの問題があります。

  • 投資信託の営業
  • 相対収益

それぞれ詳しく見ていきましょう!

投資信託の営業

投資信託に潜む問題点の1つに「営業サイドが顧客の利益を軽視している」ことが挙げられます。

投資信託の営業マンは「売り上げ」を常に意識しており、顧客に最適な投資信託を販売することよりも「どれだけ投資信託を売るか」に注目しています。

そのため運用サイドはお金を増やすことを主眼に置いていますが、営業サイドは自身の売り上げに重きを置いており、投資家側の目線に沿った販売をしない可能性が高いのです。

こう考えると、投資信託は資産運用に沿った商品とは言い難いですよね。この点が投資信託の問題点の1つ目となります。

相対収益

続いて投資信託とヘッジファンドの大きな違いである「収益の追求スタイル」についてです。

投資信託はいわゆるベンチマークとなる指数に沿った収益を追求し、ベンチマークが上がればプラスの利回り、逆にベンチマークが下がっていればマイナスの利回りとなります。

一方でヘッジファンドは相場の動向にかかわらず常にプラスのリターンを追求している点が、投資信託との大きな違いの1つです。

そして実際に外資系運用会社でファンドマネージャーをしていた方(以下A氏)にその実態を管理人が聞いたところ、以下のように答えてくれました。

管理人:「投資信託の仕組みについて詳しく教えていただけますか。」

A氏:「投資信託の運用戦略は基本的にロング(買い)のみで、対象資産が上がらない限りは利益が見込めません。その背景には親会社(銀行など)の系列である以上、ショートを商品設計に入れづらい問題があります。

というのも、銀行や証券会社は建前上顧客のために存在しているので、○○の会社が悪いということでショートを推奨する行為が取りづらいのです。

そういうわけで結局、マーケットでは収益機会が2通りあるのに投資信託は相場の下落局面での収益機会を捨てていることになるのです。」

いかがでしたか?実際にファンドマネージャーをしていた方の発言となると説得力がありますよね。

以上を踏まえると、投資信託が必ずしも顧客の利益に沿った商品であるとは言い難いですよね。なのでヘッジファンドへの投資がおすすめというわけです。

>>投資信託とヘッジファンドの違いを明確に解説している記事はこちら

では最後になぜ「今」ヘッジファンド投資がおすすめなのかを解説します!

10年周期の金融危機

過去の相場では「危機」と呼ばれるほどの下落相場が10年周期に起こっています。気になるその危機はというと、以下の通りです。

1987年:ブラックマンデー
1997年:アジア通貨危機
2007年:サブプライムローン問題

そして来たる2017年は相場が全体的に好調であり、危機とは程遠い状況でした。つまり今後、2007年以来の下落相場が起きる可能性はかなり高いと言えますよね。

そのような状況下における投資信託はほぼ間違いなく損失を出すでしょう。下げの収益機会を捨てているため、必然の結果です。

ただヘッジファンドであればこの問題に悩む必要はありません。2008年のリーマンショック時にもヘッジファンド業界全体の成績は+11%ほどのリターンを記録しているので危機が発生しても安心ですよね。

なので「今」がヘッジファンド投資を始めるのにおすすめの時期なのです。この事実を頭に入れたうえで最後にもう一度おすすめのヘッジファンドを振り返りましょう!

ファンドランキングを振り返り!

おすすめのヘッジファンドランキングはこの通りです。


第1位 M&S

第2位 BMキャピタル

第3位 アズカルアセットマネジメント

1位のM&Sは、運用実績・情報の開示性ともに優れたヘッジファンドです。これからヘッジファンド投資を始める方にはとてもおすすめです。

そしてヘッジファンド関連のおすすめ本についても紹介しました。興味のある方はぜひ一度読んでみると良いでしょう!

これから日本でヘッジファンドはさらに注目を集める可能性が高いです。先行してヘッジファンドへの投資を始めていきましょう!

ファンドランキング
順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 ヘッジファンド証券 3.81%