実際にヘッジファンドに投資するには?(後編)

なお、国内のヘッジファンドの情報に関しても、海外ヘッジファンドと動揺にインターネットやブログでアクセスする以外、なかなか情報の入手は困難です。投資信託のように大手の銀行や証券会社が販売しているわけではないので、人づてや口コミやネットでしか知る機会はないでしょう。

日本の国内に存在するヘッジファンドは、営業を開始するに当たり、「適格機関投資家等特例業務」の届出を出すところからはじまります。こちらは金融庁のウェブサイトで確認することができます。

人からの紹介やブログ、インターネットで発見して関心が湧いたときには、まず、金融庁のウェブサイトで少なくとも届出を出している会社かどうか確認してみましょう。

ただし、こういった業界は「玉石混合」です。実際、事件沙汰になることもあります。

基本的には慎重に何年か付き合いながら判断をしたいところです。

できれば友人や知人で、すでに資金を預けていて、何年か経っているというような状態で情報を聞くことができれば有難いのが本音ですね。

なかなか自分に都合のいいタイミングで儲かる情報というものは入って来ませんが、それくらいの慎重な態度で情報を精査したいところです。

順位 ファンド名   過去3年
平均リターン
1位 M&S 58.87%
2位 BM キャピタル 15.23%
3位 アズカルアセットマネジメント --- %
4位 モントレー・キャピタル・マネジメント --- %